臼杵山 真言宗 天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

お祓い・除霊の感想文

  •  

    私は、今まで、テレビや雑誌で、心霊動画や心霊写真など怖いものは、全て観て来ました。小さい頃から、そういうものが好きだったということもあり、何も思わず、興味本位があるだけで観てきました。霊感も、昔は全く無かったので、余計に好んでいた部分もありました。だけど、この数日間、自分の身体に違うものが入ってきて、自分自身の意志だけでなく、行動でもなく、全部を支配されてしまったことによって、過去にも信じていなかったものを信じるようになりました。また、天光寺には、私の知らなかった仏教の世界があり、知らない仏様もいて、不思議な感覚が身体の中に生まれた様な感じもあります。仏様の顔の表情や雰囲気、一つ一つをしっかり見ることにより、自分自身の心の安定をとれるようになったことも本当に良かったと思います。今後は、今回、自分の周りで起きたことを忘れずに、気をしっかり持って、何事もポジティブに前向きになれていけたら嬉しいです。住職さんのヒーリングも、お祓いも、自分のためになりました。有り難うございました。住職さんのご飯、すごく美味しかったです。

    私は知人の紹介で、天光寺でのお祓いを行ってきました。初めは不安一杯でしたが、私の現在おかれている環境から少しでも早く、立ち直りたくお祓いを受けました。

    私の今現在おかれている状況は、なかなか眠れなかったことから始まり、週に何度か金縛りが起こるようになり、帰宅して寛いでいるときに急に耳鳴りがしたり、部屋の何処からか異音がしたり、今までには起きなかったことばかりなので、不安が増したことが始まりでした。

    知人に相談したら、知人も初めのうちは如何したら良いのか分からず、知人は私より幅広く知り合いが居ることから、何日後かに私に天光寺の話をしてくれました。初めはお祓いと言う言葉に、何のことか分かりませんでしたが、知人から説明を聞いて「除霊・浄霊」と言う背後霊祓いや、憑依する霊と言う話をしてもらいました。

    一人では天光寺に行けないので、知人に付き添いをお願いしてお寺に訪問しました。電車を乗り継ぎ、駅からまたバスに乗り、天光寺につきました。東京と言っても山村であり人気の無いところにお寺はありました。早々上がりこみ、住職に会いお祓いをお願い致しました。

    お祓いは簡単なものでなく、経過時間も数時間掛かりました。お祓い中は、何度か意識が無くなりましたが、無事に終わりました。お祓いが終わり、天光寺に訪れる前とは、身体が軽くなったり、視界が広がって見えたり、呼吸が楽にできる事に気がつきました。何でも私には、動物霊が憑依していたらしいのですが、今は消え去り今後は憑依しなくなるので、気持ちが落ち着きました。

    超自然のお祓いでしたが、身を持って感じ体験し気分爽快になれたことに感謝します。

     

     

    霊能者から、私の運命をも惑わされそうな話で悩んでいました。その霊能者は、真の霊能者にあるまじき金銭要求だけが強い自称霊能者であるとわかり、真の霊能者を探していて天光寺に辿り着きました。

    以前の自称霊能者のことを思い出すと、霊の存在など知ってか知らずか今想うと、詐欺まがいなことで揺さぶられたかに思えてならなかったのです。

    天光寺では充分な相談後に霊視を行ってもらい、私の現状を踏まえたカウンセリングまで聴取して、丁寧な確認作業をされました。さらに、霊視で浮かび上がった霊に対する浄化や除霊を行い、適切なお祓いを施して頂きました。

    私の霊は奥が深い霊と霊視されましたので、降霊や説得作業や悪霊であった場合の悪祓いも想定した、念入りなものでした。最後には霊能者しかできない、天元霊符(自動書記)で炊き上げまで行い、完璧な除霊で助かり霊の恐ろしさも分かりました。

    霊の恐さでは、一番恐かったのは憑依される霊によるかなしばかりでなく、意味不明の不幸が続くとか如何しょうもない怪奇現象を、観てしまったり感じてしまったりで落ち込んだりもしたので、真の霊能者に除霊をお願いできて良かったです。

    有難う御座います。

     

    私が天光寺で除霊をしてもらい、今は安穏に生活しているのには、天光寺で私に憑依していた霊を除霊と浄霊で霊を霊界へと、送り返して頂いたからです。

    私はいつの頃からか必ずと言って、何者から押さえつけられる金縛りで、睡眠中に身体の中に入り込まれることや、何かを銜えさせられることの連日でした。激しいときには、生理も無くなり食欲も落ち込んで点滴を受けたことも何度かありました。特に何かが私の身体の中に入ってくる金縛りでは具体的な体感が有ったり、体内で迸る液体を感じたときなどは涙が流れ落ちると言った現実でした。

    数年後には三十路になりますが、今まで異性との交流も無く過ごしてきた私ですが、一度だけの悪夢ですが帰宅途中に性犯罪の被害者になり、誰にも言えずに耐え忍んだ経験がありました。そのときの恐怖と経験からか、金縛りや何かが憑依しているとしか思えない生活になってしまいました。時には、憑依した霊から無理難題の金縛りを強要されたり、睡眠不足で日中に倒れたこともありました。

    友人からは何かノイローゼではないかと、確りしなさいと忠告されたこともありましたが、異次元からの作用で自由にならない自分の肉体が、弄ばれている日々の辛さに混乱していました。原因が分からず悩み過ぎていたときに、友人から紹介されてた天光寺での除霊を聞いたときはそんなときでした。初めは縋る思いで聞き入り、天光寺での霊視確認で明るみになった霊の存在に、愕然としました。過去にあった事象よりも、その後に入り込んだ霊の悪霊で苛まれた憑依で、私は混迷していたのでした。天光寺で除霊は数時間も掛かりましたが、最終での浄化では苦しみを排除でき安堵できました。

     

    一年前辺りから帰宅して休息して寝入る頃になると、必ずと言って家の中で物音がしていました。初めは小動物か風か軋みかと思っていましたが、最近では声のように聞こえる響きがあったり、棚に飾ってある物が振動もないのに落ちたりと、目立つものがあり不安になりました。私は地方から上京して来て都会で住んでいるので、相談する相手もいない独り住まいなので、不安が重なってしまいました。

    同じ地方から上京して来ている友人に、思い余って相談して見ましたが、これと言った解決策もなく日々の日数だけが過ぎていました。ある時など、閉めたはずのドアが開いたり、箪笥の物入れが落ちたりと不気味になる思いもしました。自分では想いたくないのですが、怪奇現象という言葉が頭をよぎり帰宅したくないと言う、軽いウツ現象にもなりました。

    後になって聞きましたが、私の住んでいる集合賃貸住宅は、過去に幾つかのお墓があったことなどがあり、何人かは気持ち悪がり引越ししたことも有ったと聞かされました。私には何の霊的な現象は無いのですが、家や土地にまつわる何にがしらかの霊が有り、現象を起こしているのではないかと天光寺の住職から助言を頂き、室内や室外の要所を撮影してお渡しして鑑定して頂きました。

    その結果、憑依する霊の存在が霊視できるとのことで、早急なお祓いをお願い致しました。除霊のお祓いを念術で行い、更に浄霊もして頂きました。不思議なもので、その後は何も起こらず穏やかな生活を過ごしています。ありがとうございます。

     

    身体の中にいる誰かが、私に話しかけはじめて半年が経ちました。か細い声で私に話しかけ、熟睡もできずに心身ともに疲れていました。主人と二人の生活になって数年たち、第二の人生を楽しみにしていましたが、今から半年前あたりから誰かが私の耳元で、私の名前を呼び始めました。

    主人にも相談してみましたが、気のせいだろうと言い放つだけでした。話しかけられた後には、主人には内緒にしていた過去の、様々なことを話して来ました。或るときには、話しかけられるだけでなく私を金縛りに掛けたり、私の肢体を弄んだりもしました。

    今回、天光寺で霊能者である住職様に、初めはお祓いをしていただき霊視やカウンセリングなどの確認作業をしていただき、更に浄化・除霊をしていただきました。私は奥がそれほど深くはなかったのか、以上の除霊で耳元でささやく誰かわからない話しかけられることが、その日の晩から無くなりました。話を掛けてきた者の特定は最後までわかりませんでしたが、話しかけが度重なり連日になると、聴くまい聴くまいと想っていても入り込んでくる誰かが、身体の中に住み着いているのかと思うと、否定しても彷徨い入り込んでくるのか、逃げられませんでした。

    天光寺で行われた除霊は数時間に渡行われましたが、時間だけではありませんが除霊できて感謝しております。住職からは、除霊の後の生活習慣について幾つか助言を頂き、感じ入りました。他人には聞こえない声でしたが、意識として聞こえていた声にこんなにも振り回され、困窮したのは初めてでしたが、助かりました。ありがとうございます。

    私は、寝ていると金縛りにあったり、意味無く耳鳴りがして頭痛で、寝られないことが有りました。

    今まで生きて来て、どうしてこんなことが起きるのか分かりませんでしたが、知人のおじさんから、東京は桧原村にある天光寺を知りました。

    次々に起こる体調の不調から、仕事も出来ずに布団の中でふさぎこんでいることもあり、天光寺にまずは電話をしました。

    初めに電話に出た方から、住職に電話をつないでもらい、今の事情を話をしたところ、お祓いの予約を取って寺に来ることを案内されました。

    不安いっぱいでしたが、日々のことを考えると居ても経ってもいられませんでしたので、二日後には寺に訪れお祓いを受けました。

    何でも、お祓いを始める前に住職から受けた質問では、言われて気がつくこともあり驚きの連続でした。

    どの位の時間お祓いがあったのか、どの様なお祓いで有ったのかは、知る由も有りませんでしたが、お祓い後の感じた爽快感と頭痛が消え去った事実に驚き、感謝するしか表現できませんでした。

    訪れてよかった、お祓いしてもらってよかったと、感謝でいっぱいです。

    私は二年ほど前からよくないことが続き、原因不明の頭痛や、寝ているときの金縛り、深夜にラップ音がしたりする現象に悩まされていました。他の霊能者さんのところでお祓いしてもらったのですが心霊現象がやまず、もう諦めかけていた時、天光寺さんを紹介して頂いてお祓いをお願いすることにしました。

    ご住職によるカウンセリングと霊視の後、確認作業をしていただいたところ合掌していた手がぶるぶると震え出し身体ごと後ろに倒れてしまったので、そのまま最後まで除霊をしていただきました。目を閉じてご住職のお経を聴いていたら涙がたくさんあふれてきて止まらなくなり、最後にスッと体が軽くなるのを感じました。目を開けると世界が明るく鮮やかに見え、肩の力が抜けたような、とても晴れやかな気持ちになりました。こんな経験ははじめてだったので驚きましたが、憑き物が落ちる、とは正にこういうことなのかな、と思います。

    その後は金縛りもぴったりとやみ、恐怖心もなくなったせいか不眠も治って、毎日心安らかに過ごせています。ご住職様には本当に感謝しています。有難うございました。

    私が姑との不仲、娘の非行、暴力で悩み、天光寺さんのご住職と初めてお話しさせていただいたのは、8月も終わりのことでした。
    夫は年の大半を単身赴任という形で仕事をこなしているため、何とか自分で家庭を守りたいという一心でした。

    私は自分なりに姑のため、娘のためと努力してきたと自負しておりましたが、ご住職に10分位話を聞いていただいたあと、ご住職に霊障だと言われた時は、私が化学主義だった事もあり、本当に落胆してしまいました。

    しかし我が耳を疑う間もなく、ご住職の電話で送られてくる言葉の数々には本当に驚きました。家の間取りを正確に言われ、娘の部屋の位置、様子までことごとく霊視され、そして私に生後間もなく亡くなった姉が居ることまで言い当てられたのです。そして、すぐには理解できませんでしたが、家に地縛霊があるとの事でした。私の家は夫の知人の不動産会社から購入した中古一戸建てで、その不動産会社が競売で落とした物件だと言う事は知っていました。後日、ご近所の方から聞くところによると、この家の建主さんは、会社を経営されており、寝たきりのお母様と奥様、娘さんで住んでおられたそうで、会社の倒産によって競売になってしまったとの事でした。そして、その方が引っ越す直前にお母様が天寿を全うされたとの事でした。そのお母様念が地縛霊となり、引っ越してきた私たちに姑との不仲などに作用していたのです。

    私は夫にありのままを話し、10月末、夫と私、娘、姑と一緒に天光寺さんに伺いました。ご住職のお経がはじまるとまず、姑に震えが起こり、続いて娘が合掌したまま倒れました。ご住職の呼びかけで、姑には地縛霊となっていた方が、そして娘には私の亡くなった姉がそれぞれの体を通じて答えてくれました。ご住職のご供養の読経がすべて終わると、姑も娘もすっかり顔つき、そして声色まで変わっていました。

    夫も新年からは昇進が決まり、娘も来年の受験に備え予備校に通いたいと言いはじめ、そして何より姑が実の母のように感じられる様になりました。 本当にありがとうございました。

    本当に霊障か確信があった訳じゃないので、誰にも相談せずに天光寺向かいました。電車に乗ってすぐに泣きたくなり、緊張の為ドキドキで、武蔵五日市の駅を下りた時から、すごく意気苦しくなりました。

    高尾住職さんに最初会ったとき、何か怖いと思ったけど、まったくそんな事はなく、私のために判るように、色々な話をして頂きました。

    お経を唱えているとき、住職さんに寄りかかるように、すっとお経を聞くことが出来ました。有難うございました。また、霊が本当に憑依していたのは、正直ビックリしました。供養をちゃんとしてもらえて、よかったです。住職のことは、一生忘れません。

    女性のお弟子さんのヒーリングを受けているとき、手が優しくて、暖かくお母さんみたいでした。大人になって、子供の頃の様に、甘えることはないけれど、触れてもらっていると、子供の頃のことを思い出しました。人前で泣かない私が、泣けたのは天光寺の皆様のお陰です。久しぶりにお母さんの肩をもんであげようと思います。

    今回勇気を出して、天光寺に来て本当に良かったと思います。心の持ち方、考え方など、教えてもらえて、これから前向きに積極的に頑張れると思います。本当に有難うございます。

    4月に初めに御祓いをしていただきました。お陰様で長年服用していた「安定剤、睡眠導入剤」を服用しないでも生活が送れるようになりました。

    自分でも解らないうちに涙があふれ、「いけない事をしていたのは私だ」と気づいたとき、本当に身体から何か抜けていくものを感じました。寒気が腰から首の走り、そのあと本当に次から次へと、涙があふれました。 お祓いが終わったあとの御住職の眼の優しさが印象的でした。初めてお会いした時には、何か怖いものを感じていたのですが、それは私の中にいらない物があったからなのですね。

    帰りに頂いたCDは、休みの日には目覚めると必ず聞いています。そうすると、疲れが何故か抜けたような気がして、思いっきり休みが楽しめるのです。 皆さんありがとうございました。

    先般は当家の先祖代々のご供養をしていただきありがとうございました。

    主人に先立たれ遺産もあったので、3回忌まで贅を尽くしてやってきたことで、全て良いのだと思っておりました。そして、日々仏壇の前で手を合わせることもできずにいた時、私が思いがけない病気になり、見舞いの知人から天光寺さまをご紹介いただき、お世話になった次第です。ご供養の後、長年続いていた微熱もなくなり、熟睡もできるようになりました。ご供養時のなんともいえない心地よさと、御供養後のご住職様のお話が今も心に残っております。

    最近の私の変化を感じた社の者に「どうしたのですか?」と聞かれ、一部始終を話すと「是非行きたい」と。私もまた是非、お伺いしたいと思っておりますので、その節はよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。

    私は5年くらい前から、体と精神状態に異常が感じられ、頭から首にかけて、霊が貼りついているような不快感や痛みを感じていましたが、段々と自分自身の考えている事や、やろうとしている事に対して「霊」の声が聞こえるようになってきたのです。
    そんな時に学生時代の友人から天光寺の事を聞き、すがる思いで友人に高尾聖賢住職を紹介していただきました。

    友人と八王子の天光寺の事務所で待ち合わせをしたのですが、あいにく高尾住職は本山修行道場にいらっしゃるとの事だったので、その足で本山修行道場に行くことにしました。
    道場に着いた時は夜9時を過ぎていました。住職に「今日は遅いから泊まって行くように」と勧められ、お言葉に甘えて泊まることにしました。その夜11時を過ぎたくらいから住職の霊視が始まりました。

    住職は霊視をしながら「先祖霊の因縁、動物霊が数体見えます。貴方のお兄さんは交通事故で10歳くらいで亡くなっていますね」と言われました。このとき私は背筋が凍る思いでした。やがて高尾住職が浄霊を始め、お経を唱え始めると急に息苦しくなり、大きな声で叫びだしました。住職が「貴方、そんな念を持っちゃだめだ。過去の事なのだからこの方と関係ない。早く浄化してこの方から出て行きなさい。さもないと許さない。きちんと悟って行くべき霊界にいきなさい」と言われると、自然と体と手が動きだしていくのが感じられました。

    その後、体が軽くなり頭から首にかけての不快感が自然になくなり、久しぶりに爽快な気分になれました。今ではすっかり元気になり、高尾住職には、本当に感謝しております。

    私はいつも体が冷えていて、真夏でも靴下を履かないと夜寒くて眠れない状態でした。 食後の後片付けも、流しの水の冷たさが恐くて洗うことができません。 いつも体がだるくて頭が重く、大勢の人が集まる場所にいくと吐き気がして、さらに状態がひどくなり寝込んでしまいます。いつも神経が休まらず、寝ている時は変な夢を見たり、家の中では音(ラップ)がし、深い眠りに入ることができません。どうにかこの現象を直したいとインターネットで調べていくうちに、天光寺のことを知りました。

    住職に霊視をして頂き、その結果体も良くないが霊障に間違いないと言われました。私はすぐに天光寺の檜原本山修行道場に行き、高尾住職とお弟子さんから除霊を受けることにしました。

    道場へ行くと、高尾住職が祭壇のある部屋に案内してくださいました。そこで住職から説明を受けました。高尾住職の説明では、霊障で家には自縛霊がいると言われました。先生の話を聞いているうちに胸が急に苦しくなり、氷水の中に入ってしまったように体がどんどん冷たくなってきました。住職がお経を唱え始めると体が震え始め、気持ちが悪くなり、息苦しくなってきました。憑依した霊に対して先生は「なぜ罪を犯すのか、本来行くべき霊界にもどりなさい、観音様とお地蔵さまの力を借りて一緒に霊界にいきなさい」と唱えると、体の中から何かが出て行ったように感じられました。

    その後震えが止まり、体が軽くなり先ほどまで苦しかった事が嘘のように治っていました。
    その後、住職から光輝療法(密教ヒーリング、光輝療法)を受けました。頭の上から何かが出て行くのが感じられ、体がどんどん温かくなってきました。 また、さらに数日後、先生に自宅まで来てもらい(御祓い、除霊)をして頂き、今では体もすっかり良くなり家の中も音がしなくなり、寝るときも熟睡できるようになりました。今では、本山修行道場に月に2回くらいご挨拶に伺っております。

    本当に高尾住職、天光寺の皆様に感謝しております。

    私は以前より家の中に居ると落ち着かない事がよくありました。 また、夜眠ると毎日のように金縛りにあい、寝ている間は誰かと戦っているような感じで熟睡する事ができず、いつも体がだるくて仕方がありませんでした。そのような時に友人から、高尾住職を紹介していただきました。住職は私を見るなり「あなたのお祖母さんがあなたのそばにいます。」と言います。私はその言葉を聴いた瞬間、体の血がひいていくのが感じられました。

    その後、すぐに住職から浄霊を受けることになりました。浄霊を受けている最中、体がブルブル震え、体が冷たくなり、涙が出て止まりません。浄霊を終えた後は体の震えが止まり、気持ちが落ち着き涙も止まりました。先生に霊符を書いていただき、家に霊符を貼りました。

    その後、家の中が落ち着き私の金縛りも、今ではすっかりなくなりました。先生には本当に感謝しております。

    身体がいつも重くすっきりしないので、友人に相談したところ高尾先生を紹介されました。正直、自分でもなぜかわからないのですが、行くのがとても怖く嫌でたまりませんでした。

    友人に引きずられるようにして、天光寺に行きました。住職に会うと震えがきて止まらず、祭壇の前でお経をあげてもらいました。お経を聞いているだけで苦しく、自分でもわからない言葉が出てきました。意識はあるのですが、口が勝手にしゃべるのです。お経の途中、激しく鳴るドラと太鼓のリズムが加わり、身体から何かがで出て行った気がしました。後で、見ていた友人に聞くと、私はお経の間うずくまり、のた打ち回っていたそうです。お経を聞いていただけなのに自分でも信じられませんでした。終わった後は、身体が軽くなり不思議と恐怖感もなくなりました。考えてみれば、祭壇が怖いというのもおかしなものです。

    終わった後、住職にお聞ききした所、取り付いていた霊が怯えて恐怖心となっていたそうです。本当にありがとうございます。

    こんにちは。その節は先祖供養ありがとうございました。

    あれから2ヶ月が経ちますが、教えて頂いたように、家族で毎日御先祖様に自分達の気持ちが届くように、またいつも見守って頂けるように手を合わせてお祈りしています。おかげ様で、御先祖様を身近に感じられるようになり、人や物事に対して感謝の気持ちが強くなって、生活する上でも精神的な余裕が出てきたことを実感しています。

    今後、困難があったとしても家族全員で頑張っていきますので、これからも適切なアドバイスを頂けたら幸いです。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

    私は30代に入ったころから、急に人間関係に悩まされ何事にも手がつかないようになった上、他人には聞こえないものや見えないものが聞こえたり見えたりして、家に閉じこもるようになり、精神的、肉体的にも衰弱し始め感覚も鋭くなり、金縛りも多くなり苦痛を感じるようになりました。

    そんな絶望の日々、たまたまネットを覗いていたら惹かれるように「天光寺」のサイトを眺めていました。 その時、自分がおかれている現状が霊障ではないかと思いましたが、なんの知識もありませんし、病院に行くかいろいろ悩んだ末、決心して霊視してもらったところ、自分が憑依体質で今までのことが霊障であることが分かり、除霊と家のお祓いをして頂きました。

    その後少しずつ回復に向かい、今ではどんなことにも動じることなく、精神的にも強くなったような気がします。今回本当にありがとうございました。

    2011年8月に、私は家族旅行中に意識を無くし、医院の診察台の上で意識が戻りました。検査の結果、原因は不明でした。

    あの日から四年経ち、抗うつ剤を服用の上、更に引きこもっていました。この間、家族は、私が良くなると聞けば、全てを試しましたが、結果は得られません。お手上げ状態に陥っていた時、友人が母に「天光寺」を紹介してくれました。母は私に、行きたい所があるから一緒にと誘ってくれましたが、なかなか決心がつきませんでした。その頃の私の症状は、笑わない、話さない、出かけない、楽しまない、誰にも会いたくない、夢がない、希望がない、食べたい物はカップラーメンやポテトチップ、コーラなど体に悪い物ばかりで、自分はどうなってもいい、何故生きているのだろうと大切な人達をとても心配させ、困らせていた事に全く気づかず生活していました。

    2015年5月3日、家族が山へ行こうと誘ってくれました。天光寺へ到着すると、応接室へ通され、座って間もなく気分が悪くなり、もう、帰りたい、と泣きながら一点張りでした。ご住職は、その様子を察知したかの様に、部屋を退室され、しばらくしてから戻ってこられました。

    それから、本堂や講堂等を案内後、昼食に招かれ、食事は想像以上にほっぺがあちる程、美味しかったです。ご住職様の心遣い、おもてなしのお陰で大分落ち着きを取り戻した私に、優しくこちらへ来なさいと別室へ大移動しました。お祓いが始まってすぐ、合掌している私の手が御住職様のお経とともに小刻みに振え始め、太鼓の音とともにその振えは増していきました。その間、御住職は色々な質問を投げかけながら「誰ですか?ご先祖様ですか?」と言われ、次の瞬間ピタッと振えが止まりました。

    お祓いを終え、心も身体も軽くなったのをすぐに感じました。特に首筋の激しい痛みや頭の全体を締め付けるような痛み,胸が圧迫され締め付けられるような苦しみも魔法のように消え去っていました。腰の痛みも消え帰宅して買い物に出かけられる様になりました。

    もっと変わりたい自分がいたので、更に二週間、天光寺で修行をさせて頂き、便秘も解消しました。御住職やスタッフの皆様の暖かいエールとサポートに勇気づけられ、4年前の元気な私に戻りました。感謝してもしきれない気持ちで溢れています。