臼杵山 真言宗 天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

企業研修の感想文・体験談

  • 天光寺での二日間の研修を通して様々な事を学ぶことが出来ました。

    一日目の「自己紹介の練習」では第一印象や礼の大切さを知ることが出来ました。普段のより頭を下げる深さ、スピードを遅くする事で印象が大きく変化したので今後取り入れたいと思いました。

    「光明真言の読経」では、光明真言を三時間かけて千回唱えるというメニューでした。心を無にして光明真言を唱えることで、時間の感覚や邪念がなくなり、千回終わった時の達成感は素晴らしいものでした。

    「三禮」ではお経を唱えながらスクワットをするというもので、身体的にも精神的にも辛いものでした。三回一セットを百セット行ったのですが、動きながら声を出すことが大変で苦労しました。途中何度も足が止まりましたが、他の二人が居たからこそ最後までやりきることが出来ました。今回、何度か足が止まってしまい、三百回全てやりきることが出来なかったのですが、自分の甘さや弱さにを見るよい機会になったと思いました。

    「写経」では、心を落ち着かせて、自分で墨をすり、「般若心経」を書くというものでした。見本をなぞる作業だったのですが、雑念が入り心が乱れると、うまく書くことが出来ず、字に表れるということを体感することができました。

    「挨拶の練習」では、大きな声ではきはきと挨拶をするメニューでした。自分は普段から挨拶の声が小さいと言われて来たので、それを少しでも直せる良い機会だと思い、真剣に行いました。この練習は一時間程度でしたが、腹から声を出す大切さなどを学ぶことが出来ました。

    二日目の「声出し・瞑想」では、声出しは、腹から声を出す練習の一つで自分がこの一つで自分がこの研修で得たい事の一つでした。「あー」と、十分声を出し続けることで研修を受ける前よりは腹から声を出せるようになったと、じっかんしています。

    瞑想では、「ああすれば良かった」等の後悔を振り返ると言うもので、後悔することが多く、後悔しないように積極的に行動できるようになろうと、再認識できる良い機会となりました。
    「般若心経の読経」では般若心経を百回唱えると言うメニューでした。般若心経は「光明真言の読経」や「三禮」で唱えたものより長く一回唱えるのに二分かかるものでした。これを三時間通して行ったのですが、前日でも「光明真言の読経」をしていたので、それほど苦ではないものでした。

    最後のメニューの「法話」では高尾住職自らが、「仏教とは何か?」「考え方のあり方」などを教えて下さるものでした。マイナスな事を言うと自分の鼓膜を通して潜在意識「無意識」に影響すると聞いて自分もマイナスな事を言う事が最近多く、それが失敗に繋がった事があったので共感できました。高尾住職の言葉を聞いて、自分の間違っていた考え方、行動などを見直すことができました。

    二日間の研修を通して、多くの事を体験し、学ぶことができました。そして、自分と向き合う事ができたと思います。自分に欠けていた「声」「プラスに考える事」「積極性」を再認識し、変えていこうと思う良い機会でした。

    今回の社員研修について、参加する事を聞いた時、とても嫌だという気持ちでいっぱいでした。一年前にも寺修行を行い、どれだけ辛いかを知っていたからです。また、その修行を終えてから大会で悔しい思いをした後に、いつの間にか何に対しても消極的、ネガティブな思考ばかりするようになっていました。そんなことからこの修行をやっても変われない、辛いだけしかないと思っていました。上司から、自分を変えるんだという気持ちで行って来いとアドバイスを受け、この修行で自分を変えるんだという気持ちを持ってこの修行に参加しました。

    一番つらく、やり遂げたときの達成感が大きかったのが一日目と二日目に行った三禮百セットでした。予想よりはるかに身体にかかる負担が大きく、汗も床に水たまりができてしまうほどかくくらいでした。やっているうちに大量の汗をかいている自分が恥ずかしくなり、手を抜こうかなと思う事もありました。しかし頑張っているみんなの姿を見て、恥ずかしいと思っている場合じゃ無い、やり遂げるんだという気持ちを持つ事が出来ました。

    この気持ちを持てたからこそ、二日目の三禮では自分が大量に汗をかいていても構わず全力で取り組む事ができました。この気持ちを持てたからこそ、二日目の三禮では自分が大量に汗をかいていても構わず、全力で取り組むことができました。終えた時に自分でもやればできる人なんだという自信と、やっている時に気付かなかった足の皮がすり切れているのを見て本当に全力でやれていたんだという事を改めて実感することが出来ました。

    二日目と三日目に行われた滝行と水行の前のお百度参りも、三禮に似たつらさがありました。しかしここでは一日目の三禮で得た、やりきる気持ちと、日本一の技術者になるんだという気持ちを持てたおかげで、お経をしっかり唱えながら走ることが出来ました。終えた時にこれから大会に向けて頑張れそうだと言う気持ちを持つ事が出来ました。

    滝行は水によって息が出来ないかも知れない恐怖と、終えた時どんな気持ちになれるんだろうという好奇心を持ちながら挑みました。実際に滝を見てみると、事前の話で水が多くなっていると言う事は聞いていましたが、予想を上回る水の量と高さに、ますます不安と期待の気持ちが大きくなりました。滝に入ってみると、今まで体感したことの無い水の量と息ができないことに、少しパニックになりかけましたが、入る前に住職の方から鼻で息を吸い、口で吐いてということを思い出して気持ちを落ち着かせる事ができました。終えた時、やり遂げたという達成感と、何とも言えないとても清々しい気持ちになりました。とても良い体験をする事が出来ました。

    この修行を終えて、参加して本当に良かったと思っています。自分の気持ちに対してネガティブな気持ちにならず最後までやりきる事が出来ました。これからの訓練でも前向きな気持ちで頑張ります。また