臼杵山 真言宗 天光寺

東京都西多摩郡檜原村にある天光寺では「企業研修」「社員研修」を行っております。「除霊」「お祓い」や「水子供養」「先祖供養」「護摩焚き(供養)」のご相談はもちろん、「ヒーリング」「体験修行」「滝行」「写経」「瞑想」といった半日体験修行ができます。

霊能者養成講座

霊能者養成講座

臼杵山真言宗総本山天光寺

臼杵山真言宗総本山天光寺

霊能者、霊能力者養成講座の説明

霊能者、霊能力者養成講座の説明

私たちが提供する「霊能者養成講座」を新たに開設いたしました。
霊能者養成講座では「神受け・神降ろし」の儀式を2日間かけて行います。
神受け・神降ろしの儀式の際は清浄なる祭壇を設けて、果物(リンゴ、グレープフルーツ、オレンジ)3種を100個以上、日本酒、炊きたてのご飯、根の付いた野菜(薩摩芋、大根、ニンジン)等を祭壇に置きます。天光寺内の各祭壇(神供壇)にも同じように置き、神を招き入れます。
この儀式のことを神受け、神降ろしといいます。

神受けの写真、動画(Coming Soon)

神受け、神降ろしの儀式を行う場合は、受けるもの「弟子」が神気、神霊を多少持ち合わせていなければ、神受けの儀式を行うことができません。

霊能力とは

霊能力は神秘的な「力」をすべて統括して霊能力と言います。
現代科学では説明不可能な未知の分野であるため、明確に定義することが難しく、正確に認識することができません。

霊能力とは

人は、肉体と霊体とで構成されています。肉体は五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・臭覚)と色彩のビジョンを持ち、肉体の構成は科学で立証されています。しかし霊体は霊的な感覚で霊能力を持ち、霊視や聴覚、霊聴を霊的に感じるなどの肉体の五感に対応するものも多くあります。
人はすべて肉体と霊体の両方から成り立っています。霊能力は一部の人が持つ特殊能力ではなく、すべての人に備わった能力ということができます。
ただし、その発現の仕方や能力の大きさなどの差があるが、すべての人にあると考えられています。
霊能力に優れた方は、ご先祖様から授かった力、修行により得た力・法力・神通力、宇宙空間から授かった神秘的な力を授かった方です。

霊能力の種類

人の身体能力は多岐にわたり、その種類を簡単に説明しきれません。
霊能力にも多くの異なる能力が含まれています。
霊視や霊聴はその代表的な例です。
そのほかにも、霊と交信することで、「霊の呼びよせ」を可能にします。さらには、前世・予知・夢伝達・千里眼・眼通力・透視などがあります。
超能力的な思念伝達や幽体離脱もまた、霊能力によって行われるとされています。

霊能力の種類

降神術(神降ろし)

神・天神・自然神(竜神・山の神等)・仏神・先祖のお告げを言葉として直接聞く方法があります。また、自分自身の霊的エネルギーを高め、インスピレーション(直観力)を高めて行います。
祈祷や呪術、祈りによって、神々を一時的に地に招き、霊媒師などに宿らせる神降ろしの術であり「降神術・神降ろし・神受け」と呼ばれます。
その形式やアプローチは祈り・踊り・歌・お経・真言・祝詞など、様々ですが、どの場合にも自分自身または霊媒師として適した人に神を招いて宿らせます。こうして降ろされた神々は、人の言葉や物の姿、それらを語り、お告げを伝えます。

降神術(神降ろし)

降神術・降霊術

降神術・降霊術(神受け・神降ろし)で神を人の世界へ招いて降ろす術のことをいいますが、降神術は神または、神霊に限定された術であるのに対し、降霊術はその両者を含めたうえで、より広くあらゆる霊的な存在を降ろす術のことを指します。例えば先祖霊、中心霊などを呼び出すのもまた、降霊術です。

降神術

降神術で降りた神や、神霊が教えてくれるのが降神術です。
降神術は人が知りえない情報を得るために行われます。人知を超えた英知や力を持つ存在は、人や社会の失われた過去やまだ見ぬ未来を知るために、またはコントロールできると考えられています。その力の一部を参考にして、加護を得るために行うのが降神術です。

降神術(神受け・神降ろし)の担い手とは

降神術(神受け)は誰にでもできる術ではありません。神や神霊という強大な力を降ろすには、神気、神霊が多少備わっており、それなりの能力を持つ必要があります。
その能力は、生まれつき備わっていることもありますが、生来の能力をさらに磨くための修行を経た結果得られます。日本では琉球地方に伝わるユタ、海外では韓国のムダン、ムソック、アメリカンネイティブのシャーマンなどが知られています。彼らは神を降ろす呪術師や祈祷師であると同時に神が宿る霊媒師になることもあります。

降霊で神が宿る場所

神が宿る状態は、その宿主(弟子)にも大きな影響を与えます。木や鏡といった物に宿らせる場合には、その宿主が降りる神にふさわしいかどうかが重要な選択基準となります。神域で大切に育てられた木、神官などによって十分に清められた神具などが与えられますが、十分な素質を持たない者を宿主とすると、神が降りない、降りた神が怒ってしまい、お告げを伝えてくれません。また祭壇を設けて果物、聖水、酒、炊きたてのご飯などを用意し、清浄な祭壇を設けます。また、宿主(弟子)が人の場合には、宿主としての適切な人かを見極めることが重要です。神受けの儀式を行うには強い精神力などが必要とされます。

霊能者養成講座(神受け)に関心のある方・受講されたい方は

臼杵山 真言宗 総本山 天光寺
TEL:042-519-9380/FAX:042-519-9382
MAIL:info@tenkouji.jp
*講義内容
密教ヒーリング・レッスン1~30まで時空を超えて細やかなヒーリング、マントラ、シンボルの伝授、神受けの儀式・神受けの意味、各種真言と契約印・お経・その他