臼杵山 真言宗 天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

企業研修の感想文・体験談

私はこの社員研修に行く前は、とても楽しみでした。感じ的には修学旅行みたいなテンションで、修行等を甘く見ていてとても軽く乗り切れると思っていました。

しかし、一日目の正座からお経を唱えるまでで、自分の甘さに気が付きました。正座は普段全くやっていないので、足は痺れ、感覚もなくなるぐらいの辛さでした。また、挨拶をやってみると声は小さいわ、きちんと言えないわで私達がどれほど毎日の挨拶を適当に行っていたのか分かりました。これらの作法は社会人、いや、一般人として常識的であり、出来なければいけないものです。それが出来ていないという事はまだまだ気持ちが入っていないと言う事です。時間が経っていく内に私は「もうやめたい」「何でこんな事やらなくちゃいけないんだろう」などと思い始める様になってしまいました。私は普段からすぐに弱音を吐いたり、消極的になったりと意欲が無いと自分でも気付くぐらいで、いつか直さないといけないと思っていました。

一日目の修行が終わり、一段落出来たところで今日の自分はどうだったのか、積極的に取り組めたかを反省してみることにしました。するとやはり、反省する部分がいつもと同じ事ばかりでした。私は、もうこんな自分は嫌だし、今の修行で変えていくしかないなと思える事が出来ました。一日目の修行は最初だけしか集中力が続かず、三禮も最後は適当になっていたので、二日目は集中力を持続させ、目標を持って行おうと決めました。

すると、二日目からは意欲が増し、自分に出来ない物は無いなどと、修行をする前から自信を持てる様になっていました。そこでは、お百度参りと滝行をしました。お百度参りは、やってる最中は雨が降っていて寒い中行いました。寒い中やったので集中力が切れそうでしたが、昨夜決めた事を自分で果たすと決めていたので、寒さとの戦いであり、自分との戦いでもありました。滝行でも自分の垢を落として貰おうと精神を集中させ、終わった後には自分は変われたと思えるようになりました。
先生が言われた事は間違っていませんでした。そして、自分を信じて、積極的に行えばきっと自分を変える事が出来ると思いました。

最後に先生の法話を聞いて、私は以前の自分を捨て、どんな困難にも逃げず取り組み、成功した時の事を考える事が出来る様な人間になりたいと思いました。また、この修行で学んだ事は社会人には必要不可欠な物なので、経験を活かして頑張っていきたいです。そして、人柄の良い人間になっていきます。私達を修行させていただいてありがとうございました。