臼杵山 真言宗 天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

体験修行の感想文・体験談

今回、私は未だ経験したことのないGW十連休を利用して、二泊三日でこの体験修行に申し込みました。

それというのも、私はアルコール依存症であり、お酒を飲めなくなる薬(抗酒薬)を服用しているものの、やはり一人になると薬を調整して、この連休に大酒を飲んでしまうといった恐怖から、どこかでお酒を飲めない空間に身を置きたいといった気持ちでこのような運びとなりました。

正直私は宿坊といった存在を知りませんでした。知るきっかけとなったのは、今年の二月末地元の友人達(私がアルコール依存症であることを知っている友人)にGWをどうやって過ごすか不安である旨を伝えたところ、だったら宿坊に行けばいいといったアドバイスから知る事になりました。そこで、その場で早速みんなで調べ天光寺のHPに辿り着きました。

私は無神論者で初詣や旅行先でお寺や神社に行くものの、そこまで「神」や「霊」といったものを強く信じてはいませんでした。しかし、都合のいいもので溺れる者は藁をも掴むや困った時の神頼み的な考えで、その場からすぐに天光寺にお電話をしました。

お酒を避けるだけなら、実家に帰ったり、短期間だけアルコール依存症専門の病院に入院するといった手段もあったかもしれません。しかし、それではお酒から逃げるだけといった、今までの自分と何も変わりなく、体験でこそあるものの修業をする事で少しでも自分を変えられる“気づき”になれればと思い決断しました。今、振り返ればこれも何かのご縁ではあったのではないかと思います。いえ、自分にそう信じきかせたいです。

実際天光寺に来てからは驚きの連続でした。まずは、挨拶や所作といった基本姿勢から教えて頂き、最近流行りになっている宿坊とは全く違うといった印象を受けました。何より一緒に体験修業する仲間の真剣さが伝わってきました。中には興味本位といった方もいたのかもしれませんが、仕事や心に何か悩みを抱えている方が多く、一緒に頑張ろうといった気持ちが強くなりました。

前述のように、今まで私は「神」や「霊」といったものをあまり信じておりませんでしたが、少しずつそういった存在、科学では説明できないものがこの世には存在するのではと思うようになっていきました。

かといって、私も突然何かに覚醒した訳ではありません。正直、瞑想を通じて俯瞰的に自分を見られたりだの、滝行を通じて邪気が抜けていったといった実感が残念ながらありません。しかし、全てが初めてであるこの修行を通じて、アルコール依存症から脱却する「何か」を見るつけるきっかけになったのは間違いないと信じています。

今までは狭い視野で、自分の視点でしか見ていなかったものが「神」や大自然に触れて、こういった物の見方があるんだ。自分は小さい世界に囚われていたんだと感じました。

私は六年前に離婚し、そこから飲み方がおかしくなり、考え方も将来を考える事もなく、その日その日を過ごせればいいといった考え方になっていき、この病気へとなっていきました。恐らく色々な事から逃げたい、現実を見つめたくない、といった気持ちから生きるための積極性を欠いていったのだと思います。しかし、まだ四十一歳、この先に希望の光は必ずあると思いますし、この体験を通じて再度認識しました。

病気や将来の恐怖を少しでも振り払う機会となった修行や、お言葉を頂戴し本当に感謝しております。

この先積極性を持ち、自分を愛し、自分を変えていきたいと思います。