臼杵山 真言宗 天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

密教ヒーリング

天光寺では密教ヒーリング、ヒーリング療法、またヒーリングを学ぶ為のヒーラー養成講座などを行っております。

密教ヒーリング

私たちが提供する「密教ヒーリング」をひとりでも多くの方々に体験して頂きたいと願い「天光寺密教ヒーリング養成講座」を開設いたしました。

密教のヒーリングとは、森羅万象を集約した密教の修業のダイナミズムが、あますところなく発揮されます。
人間の五感「見る、聞く、味わう、嗅ぐ、触る」と彩色のビジョン、目と言う感覚器官を活用して、大日如来の宇宙の本体である絶対真理を現す密教ヒーリングなのです。

最近、様々な「ヒーリング」・「癒し」などがあり、様々な指導者や方法が存在しています。
密教では古来、弘法大師によって伝えられた真言密教の加持祈祷を行なうことで、大きなヒーリング効果が現れ、心理を悟り、実践する仏の智慧に気付く事が出来、「身」「口」「意」を通じて、「印」「真言」「マントラ」などで、その人の心身の悩みや身体上の苦痛や病をヒーリングよって軽減し、癒すことができます。

また、根本の教え、大日如来の宇宙の絶対真理を現す曼陀羅を目視し、観想することで宇宙の氣と一体化し、真我を把握でき、根本的癒し「ヒーリング」効果を期待できます。

密教ヒーリングこのように密教では、教えや修業を通じて、宇宙の根源の氣を取り入れることで、「心・感情・精神」を癒し、負の力の影響を受けることなくヒーリングを行なう事が出来るのです。
そのためには、正しい教えや修業法が必要であり、その体系として密教の経典、真言があり、その正しい指導者として密教の僧侶がいるのです。

密教で実現される正しいヒーリング方法を学ぶことによって、あなたも癒されてみませんか。 心身にお悩みのある方は、お気軽にご相談ください。

光輝とは何か

<光輝は叡智であり、真実である>

人類の歴史が始まって以来、万物に満ちる普遍的な生命エネルギーに基づくヒーリング・メソッドは常に存在してきました。
このエネルギーは、あらゆる生命を生み、育むものであります。

何千年も前、チベットでは既に霊やエネルギー、物質の性質を深く理解しており、この知識を用いて肉体を癒し、魂を調和させ、霊に統合をもたらしていました。
後に、私たちはこの同じ知識にインドで出会い、また日本や韓国、中国、エジプト、ギリシャ、ローマの各文化においても、幾分変化した形でこれを見出すことになります。
これについて少々触れておきましょう。

この知識は、ほとんどの古の文化における密教学派によって厳重に守られ、その本質はごく少数の人々にだけにしか、明かされることはありませんでした。
通常、それを知りえたのは司祭や霊的指導者たちで、彼らもまた、口伝えの形で自らの弟子たちにそれを伝えました。
現代の学者たちは、しばしば伝承という形でこの内なる知識に出会っているですが、多くの場合は、それを正しく理解することができませんでした。
というのも、それは暗号化された言葉と象徴に包まれているのが普通だからです。

19世紀の終わり、約2500年前の梵語の経文のなかに、何千年もの伝統を持つヒーリングの技法の鍵を発見しました。
もしこの発見がなければ、「密教ヒーリング・光輝」の知識は永遠に失われたままとなっていたに違いがありません。
「光輝」という言葉は、普遍的な生命エネルギーを意味します。

それはあらゆる被造物の中で働き、これを生かす力と定義されています。
「光輝」はこのエネルギーの持つ普遍的かつ無限の性質を表し、生き生きと輝けるものを貫いて流れる生命力を示しています。
多くの民族、文化、宗教は、すでに「氣」に当たるエネルギーの存在に気づいていました。

また「第5の力」などと基本的には同一のものであると考えられます。
但し、それぞれが重なり合う範囲や、各々を説明する理論自体は甚だしく異なっています。
また、このエネルギーを利用する際に必要とされる基本的な条件もまた大きく異なっています。
そのエネルギーの利用に当たっては、長期にわたる厳しい修行や節制が必要とされているものが多くあります。
この普遍的なエネルギーの原初の形態に近づけば近づくほど、それはより判りやすく、効果的で、かつ使いやすいものとなります。

<真実の封印は単純性にあり>

「光輝」システムは、私たちの知る最も単純かつ自然なヒーリング・メソッドであるばかりではなく、同時にまた最も効果的にこの普遍的エネルギーを流す方法でもあります。
一度「光輝」の「チャンネル」になってしまえば、ひとりでに手から強力な生命エネルギーが流れるようになり、しかもこの能力は生涯失われることがありません。

この普遍的生命エネルギーとは、なんであるか。
まず初めに、古の賢者と現代の科学者が、この問題について述べていることを見てみましょう。
今日のほとんどの人が、あらゆる存在に浸透する莫大な「生命力」を認識しているのは、今日の物理学者のお陰であります。
石ころが「死んだ」物質であると考えられていたのは、さほど遠い昔ではありません。
今日では、私達はこのような「単純」物質が無数の力の複雑かつ知的な相互関係から成り立っていることを知っています。

石ころさえも、そうなのです。
大宇宙の巨大な広がりから比べれば、それは如何に小さなことか。
また、人体に比べれば、その構造は如何に単純であることか。
人体はおよそさ100兆個の細胞からなっています。
そしてこの細胞の一つ一つが、およそ100万種類の遺伝子を含んでいます。
遺伝子を構成するDNAは長い螺旋形の鎖であるが、このきわめて微小なDNAの各々が、私たちの肉体のあらゆる遺伝子情報を含んでいるのです。
この螺旋形をすべて解いて繋ぐと、その長さはおよそ120兆キロメートルになります。
その長さは、太陽と地球の間の距離の八百倍であるにもかかわらず、このDNA分子の鎖は、すべて集めて胡桃一個の大きさに収まってしまうのです。

こうした生命のあらゆる形態が持ちえるエネルギーは、如何に膨大なのであろうか。
こうした生命のあらゆる形と構造を与えた知性は、いかに偉大なのであろうか。
それとも、この宇宙も私たちの生命も、単に偶然の積み重ねによって生じたに過ぎないのか。
無意識は意識化できるのか。
偶然は精神を生み出し得るのか。
魂を生み出しえるのか。

こうした事柄に関しては、科学ですら明快な回答をもたらすことは出来ません。
多くの科学者の辿り着いた地点は、ただ一つの説明しか残されてはいません。
すなわち、超越的な知性・・・常に自分自身から絶え間無く宇宙を創造し続けている普遍的精神・・・は確かに存在するということです。
最近の量子物理学は、こした考えにますます接近しつつあります。

超重量理論の示すところによれば、他の如何なるものとも関係せず、全く独自の自己の存在バランスを保つ場・・・あらゆる被造物の基盤を作る全ての物質を生み出す純粋知性の場・・・が存在するといいます。
これは啓明を得た賢者たちが、古来述べてきたところと完全に一致するものです。
すなわち彼らの教えによれば、万物を包含し、かつ全生命を生み出す存在状態があるのです。
この状態のエネルギーは万物の中に息づいており、そしてこの普遍的なエネルギーこそ、私たちが光輝を用いているときに手を通じて流れ出すエネルギーに他なりません。

実際に即した言葉で言えば、光輝の効果は極めてホリスティックであります。
光輝は存在のあらゆるレベルに達し、互いに異なる各レベルにバランスをもたらします。
実践者は、このエネルギーのチャンネルに過ぎません。
実践者が他者に手を触れた時に、その人を通じて流れるのは、実践者自身の持つ有限のエネルギーではないからです。
それは普遍的エネルギーであり、他人に流すことによって、実践者自身をも強め、調和させます。
光輝はまた、それを必要とする肉体の部分に自然に流れていきます。
それは私たち自身よりも大きな叡智を付与されていることは明らかです。

なぜならそれは、私たちにその効果を加減する能力がなくても、クライアントがそれを必要とする部分とその量を知っているかのように働くからです。
感受性の鋭い人々は、しばしば光輝を愛として感じ取ることがあります。
愛は結語の力であり、私たちを、より一層高い一体感に導きます。
人類の真の目標とは、この一体感を現実化し、それとともに生きることに他なりません。
愛は魂の故郷であり、再びそこに戻る時、魂の存在は無限の大海に還る一滴の水となります。
その大海は知識と叡智、創造性と調和、自己実現と博愛、そして永遠の祝福を達成するものです。
光輝は、私たちの健康と、完全性(聖性)の状態に帰還する道をみいだす助けとなるものです。それはあらゆる意味でヒーリングを可能にする技術であります。
既にお気づきかもしれませんが、光輝は如何なる形においても、光輝の実践者は「魔術師」でもないし、「催眠術師」でもありません。
光輝のテクニックとは、宇宙エネルギーを中立かつ集中した形で用いることに他なりません。

光輝を行うには、特別の信条や信仰は無用です。
どんな宗教を信じていても、あるいは無神論者でも、全く異なる哲学やイデオロギーの信仰者でも、光輝はできます。
多くの光輝実践者は、宗教的問題をより深く理解できるようになる一方、より深い意味で霊性を経験できるようになっています。
この事実は、光輝の普遍性を物語っています。

光輝を行うには、特別の信条や信仰は無用です。
どんな宗教を信じていても、あるいは無神論者でも、全く異なる哲学やイデオロギーの信仰者でも、光輝はできます。
多くの光輝実践者は、宗教的問題をより深く理解できるようになる一方、より深い意味で霊性を経験できるようになっています。
この事実は、光輝の普遍性を物語っています。

光輝のようなヒーリング技術が、今日の私たちの時代に復活し用いられるようになったことは、決して偶然ではあり得ません。
また科学やテクノロジーが一方的に発達しすぎた結果として、それを埋め合わせる形で、生命に関するより深い叡智が形成されたのです。
そして、そうした事実の認識の結果として、真理に対する新たな関心が生まれてきたからです。
私達は、新たな時代に人類の意識が新たな性質を獲得するか、もしくは古い時代遅れの構造をラジカルに破壊するかのいずれかによって、この世にもたらせることになるでしょう。

いずれにせよ、決断するのは私たちです。
そして真実に興味を持つ人々が増えつつあることは、私たちを勇気づけてくれます。
私たちが開放すべきものとは、常に私たちの中にありながら、これまで放置され、開発されるのを待っていた能力以外にはありません。
光輝というヒーリング技術は、このすばらしい能力の一つなのです。

光輝ヒーリング療法

密教・ヒーリングを深く理解するには、どうしても知っておかなければならないことがあります。 それは体調不良の原因についてです。

高次元から発せられる光を自己のものとし菩提心を起こさせ、自己を輝かせ、自分を救いながら他人を救う技法です。
光輝とは、万人に等しく
生命エネルギーを分け与える太陽の光。
太陽のごとく等しく 生命エネルギーを与える光。
悟りに向かって魂を進化させる 高級心霊の光り輝く光です。

体調不良の方はご遠慮なくご相談ください。
光輝ヒーリング療法は自然治癒力を高め心身の健康と霊性向上に役立てることが可能なリラクゼーション手法です。

私たちの身体の中には経絡が存在し、その経絡を流れるエネルギーのバランスを調整します。 経絡のエネルギーバランスの取れた状態で流れていると、心身の不調の改善はもちろんのこと、悩みや苦しみで重くなった心を軽くし、人生を前向きに歩む力が湧き出てくるのが実感できます。
あなたの持って生まれた肉体、感情、精神の健全さを取り戻してください。

心と身体に問題を抱えている方など、体調不良の方は、どうぞ御気軽にご相談ください。

ヒーラー養成講座

悩める方々の救済の場として自分自身の精神研磨を修行して、自己改革を行うことを目的に立ち上げた養成講座です。 潜在能力を開発して、ご自身の健康と夢を実現するだけでなく、その独特な技術、施術、実技を会得し他人を癒すことができるように指導いたします。

当養成講座では「光輝ヒーラー養成講座」と「光輝マスター養成講座」があり、一人ひとり一貫した指導方針のもと、少人数制で理論と実践の両面を指導し、初心者の方から、詳しいヒーリングを学びたい方まで、参加をお待ちしています。

21世紀おいては「心、魂、体」の癒しを求める時代となり、高次元の宇宙意識に目覚めたヒーラーが活躍することでしょう。

私たちが提供しているヒーリングは、皆さんが本来持っている肉体、感情、精神の健全さを取り戻し、宇宙のバイブレーションに同調して意識次元を高めるものです。

光輝ヒーラー養成講座

自らの精神や肉体能力を高め、自分自身や他人も癒すことができる、ヒーラー育成の養成講座です。

  • 受講資格

    健全な男女(但し、18歳以下の方は保護者の承諾が必要)
  • 必修科目

    天光寺密教・ヒーリングテキスト(第18項〜30項)
    遠隔ヒーリング、三次元の仕組み、マントラの種類(一部)、印の種類(一部)と効用、真言の種類、言霊、エネルギーの伝授、その他
  • 実践科目

    瞑想、呼吸法、発声法、施術の実践(一部)、ヒーリング、印の使用法(一部)、マントラの使用法(一部)、宇宙エネルギーの活用法(一部)、光輝療法の実践(一部)、光輝の10大特徴
  • 受講料

    お問い合わせください。

光輝マスター養成講座

当養成講座は、最高レベルの養成講座です。

光輝療法の全般、ポラリティ・セラピータッチ、仁神術、医療気功、心理療法、メソッドなどを学び、将来プロとしての活躍をも視野に入れた養成講座です。

光輝マスター養成講座を終了された方で仏門を志す方は、得度を受け僧侶の資格を取得することができます。

  • 受講資格

    健全な男女(但し、18歳以下の方は保護者の承諾が必要)
  • 必修科目

    印の種類と効用、カウンセリング、エネルギーの伝授、お経の種類、真言、言霊、その他
    天光寺 密教スピリチュアル・ヒーリングテキスト(第1項〜30項)
    遠隔ヒーリング、三次元の仕組み、マントラの種類、霊符・護符の種類、印の種類と効用、カウンセリング、エネルギーの伝授、お経の種類、真言、言霊、その他
  • 実践科目

    瞑想、呼吸法、発声法、施術の実践、印の意味及び使用法、マントラの使用法、マントラの描き方、真言の唱え方、霊符・護符の描き方、宇宙エネルギーの活用法、光輝療法の実践、邪気祓いの実践、光輝の10大特徴の実践、カウンセリングとエネルギー伝授の実践、催眠療法の実践、その他
  • 受講料

    お問い合わせください。