臼杵山 真言宗 天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

企業研修の感想文・体験談

この天光寺に来て、研修を終了するまで社会人として仕事をしっかりできるか、仲間や先輩と上手く協力していけるかという不安でいっぱいでした。また、自分に足りない部分は何か、自分の強みは何かということが具体的に分かっていませんでした。だから、この研修で学びたい事を具体的に書くことが出来ず注意をされました。だからとにかく社会人としての基本的な生活態度を身に付けることと、学生気分が抜けきれていない気持ちを抜き、これからしっかりと働ける体と心にする事を目標にしました。

そして初めに驚いた事があります。それは最初に行った自己紹介です。多くの人が声が小さくてやり直しをしていました。私はそれを見て、口を大きく開けて、大きな声を出せたので一回で大丈夫でしたが、自分がなっていたと思います。私は会社で行った自己紹介の声がとても小さく聞き取りにくいものだったと思いました。また、挨拶が質問の時の肥えも小さかったと感じました。そのことを一番初めに気付き、同時に、自分に足りなかった部分だと分かりました。

また、三禮にも得た物がありました。正直声を出しながら正座と立つことを百セット近くするのはとても大変でした。しかし、絶対に遅れずについていこうと強く思いながらしました。また、お手本を見せてくれている方は、自分より声を大きく出し、また動きもきびきびとしていたので、ここで自分が遅れたら負けだと感じ、諦めない気持ちを強く持つ事が出来ました。これは、社会に出てもとても大切だと思います。また、遅れずについていけた時はとても気持ちが良かったです。こういった気持ちになった事は久しぶりだったので、これからも粘り強く生きていきたいです。このことは光明真言を1,000回唱え続ける時にも得ました。これは、同じ事を何回も続けることが大変だと言う事を凄く理解する事が出来ました。

お百度参りと滝行にも息巻いた。正直、前日の雨と風があったのでやりたくないという気持ちが強かったのですが、実際体験してみると、お百度参りは自分の体力の無さに驚きました。運動不足だったので前日の正座や三禮の筋肉痛もあり、自分の思っていたよりも何十倍も水が冷たく、今までの人生の中でもかなりきつい体験でした。しかし先輩が普通の時間よりも倍以上も長く入りました。滝から出た後もまだ出来たと言ってたので、とても格好良く見えました。私は普通の時間より長く滝行が出来ましたが、先輩と同じ時間まで入るには、体力と気力が足りませんでした。ただ、普通の時間より長く滝行が出来たのは、前日から続けていた諦めない気持ちを持ち続けられたからだと思います。

この修行はやり終えた後に大きな達成感と気持ちよさがありました。
今回の研修では、まず挨拶の大切さをとても強く感じ蒔いた。食事の時や、何かの始まり、終わりにも挨拶があり、とても大切だと思いました。

これからもこの研修で得た事を忘れずに仕事に取り組みたいです。