臼杵山 真言宗 天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

お祓い・除霊の感想文

  • 私が姑との不仲、娘の非行、暴力で悩み、天光寺さんのご住職と初めてお話しさせていただいたのは、8月も終わりのことでした。
    夫は年の大半を単身赴任という形で仕事をこなしているため、何とか自分で家庭を守りたいという一心でした。

    私は自分なりに姑のため、娘のためと努力してきたと自負しておりましたが、ご住職に10分位話を聞いていただいたあと、ご住職に霊障だと言われた時は、私が化学主義だった事もあり、本当に落胆してしまいました。

    しかし我が耳を疑う間もなく、ご住職の電話で送られてくる言葉の数々には本当に驚きました。家の間取りを正確に言われ、娘の部屋の位置、様子までことごとく霊視され、そして私に生後間もなく亡くなった姉が居ることまで言い当てられたのです。そして、すぐには理解できませんでしたが、家に地縛霊があるとの事でした。私の家は夫の知人の不動産会社から購入した中古一戸建てで、その不動産会社が競売で落とした物件だと言う事は知っていました。後日、ご近所の方から聞くところによると、この家の建主さんは、会社を経営されており、寝たきりのお母様と奥様、娘さんで住んでおられたそうで、会社の倒産によって競売になってしまったとの事でした。そして、その方が引っ越す直前にお母様が天寿を全うされたとの事でした。そのお母様念が地縛霊となり、引っ越してきた私たちに姑との不仲などに作用していたのです。

    私は夫にありのままを話し、10月末、夫と私、娘、姑と一緒に天光寺さんに伺いました。ご住職のお経がはじまるとまず、姑に震えが起こり、続いて娘が合掌したまま倒れました。ご住職の呼びかけで、姑には地縛霊となっていた方が、そして娘には私の亡くなった姉がそれぞれの体を通じて答えてくれました。ご住職のご供養の読経がすべて終わると、姑も娘もすっかり顔つき、そして声色まで変わっていました。

    夫も新年からは昇進が決まり、娘も来年の受験に備え予備校に通いたいと言いはじめ、そして何より姑が実の母のように感じられる様になりました。 本当にありがとうございました。

    私は5年くらい前から、体と精神状態に異常が感じられ、頭から首にかけて、霊が貼りついているような不快感や痛みを感じていましたが、段々と自分自身の考えている事や、やろうとしている事に対して「霊」の声が聞こえるようになってきたのです。
    そんな時に学生時代の友人から天光寺の事を聞き、すがる思いで友人に高尾聖賢住職を紹介していただきました。

    友人と八王子の天光寺の事務所で待ち合わせをしたのですが、あいにく高尾住職は本山修行道場にいらっしゃるとの事だったので、その足で本山修行道場に行くことにしました。
    道場に着いた時は夜9時を過ぎていました。住職に「今日は遅いから泊まって行くように」と勧められ、お言葉に甘えて泊まることにしました。その夜11時を過ぎたくらいから住職の霊視が始まりました。

    住職は霊視をしながら「先祖霊の因縁、動物霊が数体見えます。貴方のお兄さんは交通事故で10歳くらいで亡くなっていますね」と言われました。このとき私は背筋が凍る思いでした。やがて高尾住職が浄霊を始め、お経を唱え始めると急に息苦しくなり、大きな声で叫びだしました。住職が「貴方、そんな念を持っちゃだめだ。過去の事なのだからこの方と関係ない。早く浄化してこの方から出て行きなさい。さもないと許さない。きちんと悟って行くべき霊界にいきなさい」と言われると、自然と体と手が動きだしていくのが感じられました。

    その後、体が軽くなり頭から首にかけての不快感が自然になくなり、久しぶりに爽快な気分になれました。今ではすっかり元気になり、高尾住職には、本当に感謝しております。

    私は30代に入ったころから、急に人間関係に悩まされ何事にも手がつかないようになった上、他人には聞こえないものや見えないものが聞こえたり見えたりして、家に閉じこもるようになり、精神的、肉体的にも衰弱し始め感覚も鋭くなり、金縛りも多くなり苦痛を感じるようになりました。

    そんな絶望の日々、たまたまネットを覗いていたら惹かれるように「天光寺」のサイトを眺めていました。 その時、自分がおかれている現状が霊障ではないかと思いましたが、なんの知識もありませんし、病院に行くかいろいろ悩んだ末、決心して霊視してもらったところ、自分が憑依体質で今までのことが霊障であることが分かり、除霊と家のお祓いをして頂きました。

    その後少しずつ回復に向かい、今ではどんなことにも動じることなく、精神的にも強くなったような気がします。今回本当にありがとうございました。