臼杵山 真言宗 天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

お祓い・除霊の感想文

  • 高尾住職本当にありがとうございました。

    私は知人の紹介で、天光寺でのお祓いを受けることにしました。初めてなので緊張と不安で一杯でしたが、私の現在おかれている環境から少しでも早く、立ち直りたくお祓いを受けました。

    私の況は、なかなか眠れなかったことから始まり、度々金縛りが起こるようになったり、急に耳鳴りがしたり、部屋の何処からか異音がしたりしました。

    友人から電話があり天光寺のお祓いを紹介して頂きました。初めはお祓いと言う言葉に、何のことか分かりませんでしたが、知人からきちんとした説明を聞いてようやく納得しました。

    一人では天光寺に行けないので、知人に付き添いをお願いしてお寺に訪問しました。電車を乗り継ぎ、駅からまたバスに乗り、天光寺につきました。東京と言っても山奥であり人気の無いところにお寺はありました。住職に会いお祓いをお願い致しました。除霊の部屋に案内されました。

    部屋に入るなり耳鳴りが始まり倒れてしまいました。お弟子さんに起こされ合掌した手が小刻みに震え、頭が左右に動き、舌が出てきました。お祓いは簡単なものでなく、経過時間も数時間掛かりました。お祓い中は、何度か意識が無くなりましたが、無事に終わりました。お祓いが終わり、天光寺に訪れる前とは、身体が軽くなったり、視界が広がって見えたり、呼吸が楽にできる事に気がつきました。何でも私には、動物霊が憑依していたらしいのですが、今は消え去り今後は憑依しなくなるので、気持ちが落ち着きました。

    超自然のお祓いでしたが、身を持って感じ体験し気分爽快になれたことに感謝します。

    私は知人の紹介で、天光寺でのお祓いを行ってきました。初めは不安一杯でしたが、私の現在おかれている環境から少しでも早く、立ち直りたくお祓いを受けました。

    私の今現在おかれている状況は、なかなか眠れなかったことから始まり、週に何度か金縛りが起こるようになり、帰宅して寛いでいるときに急に耳鳴りがしたり、部屋の何処からか異音がしたり、今までには起きなかったことばかりなので、不安が増したことが始まりでした。

    知人に相談したら、知人も初めのうちは如何したら良いのか分からず、知人は私より幅広く知り合いが居ることから、何日後かに私に天光寺の話をしてくれました。初めはお祓いと言う言葉に、何のことか分かりませんでしたが、知人から説明を聞いて「除霊・浄霊」と言う背後霊祓いや、憑依する霊と言う話をしてもらいました。

    一人では天光寺に行けないので、知人に付き添いをお願いしてお寺に訪問しました。電車を乗り継ぎ、駅からまたバスに乗り、天光寺につきました。東京と言っても山村であり人気の無いところにお寺はありました。早々上がりこみ、住職に会いお祓いをお願い致しました。

    お祓いは簡単なものでなく、経過時間も数時間掛かりました。お祓い中は、何度か意識が無くなりましたが、無事に終わりました。お祓いが終わり、天光寺に訪れる前とは、身体が軽くなったり、視界が広がって見えたり、呼吸が楽にできる事に気がつきました。何でも私には、動物霊が憑依していたらしいのですが、今は消え去り今後は憑依しなくなるので、気持ちが落ち着きました。

    超自然のお祓いでしたが、身を持って感じ体験し気分爽快になれたことに感謝します。

     

     

    女友達と二泊三日の旅行に行き、観光地で何枚もの写真を撮影して、楽しい中帰宅しましたが数日後に女友達からかかってきた電話に、頭を殴られた思いで受話器を落としてしまいました。

    女友達の話では、近日中に会う約束になっているのですが、私を撮影した陰影だけに奇妙な現象が出ており、俗に言う心霊写真になっていると言うのです。数日後仕事が終わり待ち合わせし、女友達から渡された写真を観ると、私の肩や腕にまとわりつく誰かの腕が写しだされていました。それからと言うもの気になり、寝ても覚めても私の身体にとり付いているとしか言えない腕に、不気味な感覚はないのですが、食欲さえも落ちてしまいました。

    数日後、検索で見つけた奥多摩にある天光寺に、半信半疑で相談と共に電話を入れました。相談内容では、電話だけではわからないので、写真と共に来寺院することを促され予約いたしました。仕事の関係があり即日来寺院できませんでしたが、予約訪問で住職に写真を渡し鑑定して頂きました。住職いわく、お祓いの霊視と言われる確認作業をしてから、具体的な除霊をされるとのことで従いました。

    その中で、私には獣の霊が入り込んでいるだけでなく、観光地に住み着いていた人間の霊までもが憑依しているとのことでした。初めに獣の除霊をしていただき、続いては憑依している人間の除霊をしていただき、憑依している悪祓いまで長い時間を費やして、除霊して頂きました。除霊では、急に身体が重くなったり軽くなったりの連続があったり、手足が意識しないのに動かされたり、思いもよらない動きにたじろぎました。

    除霊最中に金縛りもありましたが、除霊後にはスッキリした感覚になり天光寺で憑依霊の怖さを教えられ、除霊して頂いたことに今は安堵感が感じられる、平凡ですが穏やかな日常を迎えられたことに喜んでいます。

    今まで私は、科学的なことには現実性があると信じてきましたが、非現実で非科学的と避けて通ってきたお祓いに助けられようとは、思いませんでした。形も臭いも無いモノのお祓いが、今世紀になっても行われていることにさえ驚きでした。
    お祓いは、物語や言い伝えの中だけに存在する、戯言であるさえ思っていました。それゆえに、映画やテレビや何らかの動画を見ても、どちらかと言うとお祓いはお遊びの延長線での創作であるとさえ思い考えていました。非科学的なことは、妄想に拡大され言い伝わる娯楽とさえ思っていました。
    では何故にお祓いが私の生活に行動に現象に入り込んだかですが、今もってはっきりした証拠は無いのですが、余りにも非現実的なお祓いを蔑み罵り罵倒したことなのかとさえ、今では思っています。始まりは、霊現象の非科学的な話から始まりますが、現実に体験で来ていないことへの疑義が余りにも多く、証明されることも無いか少なくかで、世間からも阻害されていたからです。
    その非科学的で非現実なことが、自分の身体の変化で通院してあからさまになったことから始まる、医師でもわからない現象なのかが告知されたことです。その様なことから、非科学的なことが科学的なことへ入り込むというか、摩訶不思議な現象にも驚いたことです。
    私がお祓いを受ける切欠はやはり、体調不良から来て医師に見放され如何にもならない、不安な現象が続いたことからでした。医師からはなんでもないと言われるが、私個人としては何でもない現象ではなくハッキリとした現象が起きていることからの、医師への信用置けない不安に変っている現実だったのです。
    体調不良にも色々在りましょうが、私の場合は始めは24時間常時耳鳴りが始まったことです。続いて幻聴や睡眠時の寝汗や金縛りや、眠れずに起きた際の幻影が見て取れたことでした。何か分からないところから監視されているのか、誘導か操作がされているのか分からない現実であり、非現実では現実だったのです。人様に言えば、きっと怪訝そうに観られたでしょう。
    天光寺の住職からは、多くの方が振動や不規則な涙や苦しみや自殺したくなる、異常を感じてくる方も多いらしく感じ方や体験は違えども、落ち込んだり暴れる者さえいるとのお話に、肝を冷やしました。
    今では、今までのことが嘘のように完治して、日々爽快に過ごすことができております。今後は、様々な現象にも目を向け、住職様から教えたれたことを思い出して、過ごしていきます。

    ありがとうございました。

     

     

    私は都会に住んで、約十年を迎えようとしています。地方都市から夢見る大都会に行きたくて、電車には飛び込むようにして都会に出てきました。地元での就職は一切考えず、両親からの話も耳をふさいで都会に行くことだけを考えた就職を決めての行動でした。

    都会で一人住まいをはじめ、都会での仕事をはじめ、都会での身も知らずの多くの方と出会い、

    混沌とした生活を楽しみながら生活していました。都会は新鮮で、多くの誘惑もあり戸惑うこともありましたが、すべて自分にとっては素晴らしい体験とばかりに、闊歩していました。

    出会いでは、故郷では味わえなかった出会いもありましたが、多くは出会いよりも別れが続き気持ち的にはナーバスになった現実でした。

    出会いがあり、人を好きになり、将来を固く語りあった事もありましたが、些細なことから別れがあり、涙ぐんで初めてのお酒に飲まれ朦朧としたこともありました。女として粋なのか、身体は売っても心は売らないと言う、危ない考えに走ったこともありました。

    そんな中、都会に出てきてふと振り返ると三十路近くになり、周りを伺うと多くは幸せな生活を始めている方が多く、私は一人孤独を味わう羽目になったのです。暗い部屋に帰って、小さな明かりを灯して溜め息をだし、自分には何一つ幸せも良いことも無いと塞ぎ込んでいました。

    そんな塞ぎ込んでいたときに同僚から誘われた合コンに始めて出席して、気晴らしを思っていたまではいいのですが、目の前に現れた異性からのアプローチに、戸惑い舞い上がっ手しまいました。初めのうちは何気ない話から始まりましたが、二人で合うことが多くなり、かなり具体的なことに入り込み、三十路前と言う負い目があったわけではありませんが、ついつい走りこんでしまいました。

    結果は都会での誘惑と妄想の塊で、異性には好き放題に遊ばれ金銭まで騙し取られて、捨てられました。人間不信にもなり、少なからず自殺も脳裏に浮かぶ日々が続きました。その頃から、悪夢も始まり金縛りや痙攣が起こりました。医院に行って精密検査を受けましたが、どこも問題が無いと言われても、寝入ると起こる金縛りと痙攣に、生きた心地がしませんでした。

    仕方なく、メンタルクリニックや、カウンセリングなどを受けました。その中で、意外な話がもたらされたのが、医療的な話でなくお祓いという超自然的な話でした。藁をも掴みたい私は、二度三度と診療室を訪問して、お祓いの話を聞き込みました。

    お祓いは、ネットで調べ、東京は多摩にある天光寺という寺院に赴き、予約だけでなく相談にもお時間を割いてもらい、お祓いの日時を決めお祓いしました。お祓いでは、住職曰く貴女の煩悩から来ていると言われました。

    お祓いが終わっては、闇夜から明るい日常に戻されたようになり、何も無かったような清々しい気分になり魘されることも無く、平凡ですが明るい日々を送っています。

    不安な毎日が続き、家の者からは最近おかしいと言われ、家から出ることも嫌になり、ふさぎ込んでいたときに親戚のおばさんから、お祓いでは定評のある天光寺の存在を耳しました。

    疑心暗鬼で話を聞き、おばさんと共に天光寺に行くことを決め、電話して簡単な私の事情を話してから訪れました。

    私たちの訪問では、何組かのお祓いを受ける方と思われる方達もおり、神妙な気分になりました。

    私の順番が訪れ、おばさんと寺のお祓いをする場所に通され、線香の臭いに包まれた室内でことが始まりました。

    お祓いが始まるまでは記憶がありますが、お祓い中は記憶が無くどの位の時間行われたお祓いなのかもわからず、我に返ったときは涙が流れ清々しい気分だったことを記憶しています。

    住職の話では、私の因果なのか何やら獣が、私を苦しませていたことを告げられ驚き、どうしてそんなことに成ってしまったかも分からずにお祓いが終わりました。

    それ以来ですが、日々の不安も無くなり、毎日普段どおりに過ごせる嬉しさに、喜んでいます。

    仕事に疲れ、一人帰る部屋にはだれも居なく、平凡な日々を過ごしていましたが、勤め先で上司から言われて信じられない内容に、わが身が震えました。

    上司の話では、最近の私が別人格の人ではないかというのです。

    別人格といわれても、私は何も感じていませんでしたが、他の同僚が疎遠になっていることに気がつきました。

    近寄りがたいと言われている、私が存在しているのだと上司から言われ、愕然としました。

    顔色も以前の私ではなく、女子社員には何か恐いとも言われたりもしました。

    自分では知りえない何かが有るのかも分からずじまいで、数日過ごしましたが、

    夢では殺される夢や獣に追われる夢ばかり見るようになり、寝ることに恐怖が募り穏やかではない自宅の部屋になってしまいました。

    そんなことから、数日間の仕事を休みましたが、自宅の鏡で見る自分の驚き、不安で布団の中で震えていました。

    心配した上司が、知らない人と家庭訪問してきて、その知らない人から信じられない言葉があり、お祓いをしないと自殺するかもしれないとまで言われ、天光寺でお祓いを受けることになりました。

    お祓いでは、神秘的なものばかりで、お祓いでは光り輝く感覚で終了しましたが、同席してくれた方からも住職からも瞳の輝きが出ているとか言われました。

    自分でも、リラックスした肢体に温もりを感じ、安堵しました。

    お祓いの効能なのか、吸い込んだ空気も美味しく感じた、お祓いでした。

    私は、寝ていると金縛りにあったり、意味無く耳鳴りがして頭痛で、寝られないことが有りました。

    今まで生きて来て、どうしてこんなことが起きるのか分かりませんでしたが、知人のおじさんから、東京は桧原村にある天光寺を知りました。

    次々に起こる体調の不調から、仕事も出来ずに布団の中でふさぎこんでいることもあり、天光寺にまずは電話をしました。

    初めに電話に出た方から、住職に電話をつないでもらい、今の事情を話をしたところ、お祓いの予約を取って寺に来ることを案内されました。

    不安いっぱいでしたが、日々のことを考えると居ても経ってもいられませんでしたので、二日後には寺に訪れお祓いを受けました。

    何でも、お祓いを始める前に住職から受けた質問では、言われて気がつくこともあり驚きの連続でした。

    どの位の時間お祓いがあったのか、どの様なお祓いで有ったのかは、知る由も有りませんでしたが、お祓い後の感じた爽快感と頭痛が消え去った事実に驚き、感謝するしか表現できませんでした。

    訪れてよかった、お祓いしてもらってよかったと、感謝でいっぱいです。

    私が姑との不仲、娘の非行、暴力で悩み、天光寺さんのご住職と初めてお話しさせていただいたのは、8月も終わりのことでした。
    夫は年の大半を単身赴任という形で仕事をこなしているため、何とか自分で家庭を守りたいという一心でした。

    私は自分なりに姑のため、娘のためと努力してきたと自負しておりましたが、ご住職に10分位話を聞いていただいたあと、ご住職に霊障だと言われた時は、私が化学主義だった事もあり、本当に落胆してしまいました。

    しかし我が耳を疑う間もなく、ご住職の電話で送られてくる言葉の数々には本当に驚きました。家の間取りを正確に言われ、娘の部屋の位置、様子までことごとく霊視され、そして私に生後間もなく亡くなった姉が居ることまで言い当てられたのです。そして、すぐには理解できませんでしたが、家に地縛霊があるとの事でした。私の家は夫の知人の不動産会社から購入した中古一戸建てで、その不動産会社が競売で落とした物件だと言う事は知っていました。後日、ご近所の方から聞くところによると、この家の建主さんは、会社を経営されており、寝たきりのお母様と奥様、娘さんで住んでおられたそうで、会社の倒産によって競売になってしまったとの事でした。そして、その方が引っ越す直前にお母様が天寿を全うされたとの事でした。そのお母様念が地縛霊となり、引っ越してきた私たちに姑との不仲などに作用していたのです。

    私は夫にありのままを話し、10月末、夫と私、娘、姑と一緒に天光寺さんに伺いました。ご住職のお経がはじまるとまず、姑に震えが起こり、続いて娘が合掌したまま倒れました。ご住職の呼びかけで、姑には地縛霊となっていた方が、そして娘には私の亡くなった姉がそれぞれの体を通じて答えてくれました。ご住職のご供養の読経がすべて終わると、姑も娘もすっかり顔つき、そして声色まで変わっていました。

    夫も新年からは昇進が決まり、娘も来年の受験に備え予備校に通いたいと言いはじめ、そして何より姑が実の母のように感じられる様になりました。 本当にありがとうございました。

    私は5年くらい前から、体と精神状態に異常が感じられ、頭から首にかけて、霊が貼りついているような不快感や痛みを感じていましたが、段々と自分自身の考えている事や、やろうとしている事に対して「霊」の声が聞こえるようになってきたのです。
    そんな時に学生時代の友人から天光寺の事を聞き、すがる思いで友人に高尾聖賢住職を紹介していただきました。

    友人と八王子の天光寺の事務所で待ち合わせをしたのですが、あいにく高尾住職は本山修行道場にいらっしゃるとの事だったので、その足で本山修行道場に行くことにしました。
    道場に着いた時は夜9時を過ぎていました。住職に「今日は遅いから泊まって行くように」と勧められ、お言葉に甘えて泊まることにしました。その夜11時を過ぎたくらいから住職の霊視が始まりました。

    住職は霊視をしながら「先祖霊の因縁、動物霊が数体見えます。貴方のお兄さんは交通事故で10歳くらいで亡くなっていますね」と言われました。このとき私は背筋が凍る思いでした。やがて高尾住職が浄霊を始め、お経を唱え始めると急に息苦しくなり、大きな声で叫びだしました。住職が「貴方、そんな念を持っちゃだめだ。過去の事なのだからこの方と関係ない。早く浄化してこの方から出て行きなさい。さもないと許さない。きちんと悟って行くべき霊界にいきなさい」と言われると、自然と体と手が動きだしていくのが感じられました。

    その後、体が軽くなり頭から首にかけての不快感が自然になくなり、久しぶりに爽快な気分になれました。今ではすっかり元気になり、高尾住職には、本当に感謝しております。

    私は30代に入ったころから、急に人間関係に悩まされ何事にも手がつかないようになった上、他人には聞こえないものや見えないものが聞こえたり見えたりして、家に閉じこもるようになり、精神的、肉体的にも衰弱し始め感覚も鋭くなり、金縛りも多くなり苦痛を感じるようになりました。

    そんな絶望の日々、たまたまネットを覗いていたら惹かれるように「天光寺」のサイトを眺めていました。 その時、自分がおかれている現状が霊障ではないかと思いましたが、なんの知識もありませんし、病院に行くかいろいろ悩んだ末、決心して霊視してもらったところ、自分が憑依体質で今までのことが霊障であることが分かり、除霊と家のお祓いをして頂きました。

    その後少しずつ回復に向かい、今ではどんなことにも動じることなく、精神的にも強くなったような気がします。今回本当にありがとうございました。