臼杵山 真言宗 天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

企業研修の感想文・体験談

  •  

    管理職に昇進するにあたり、必ずこちらの天光寺さんで企業研修をするという会社の方針で今回参加させていただきました。

    正直、このような研修は入社して以来のことであり、ましてやお寺での修行など生まれてこの方初めての経験でいささか緊張しておりましたが、お寺一丸となって私どもが修行に打ち込める環境を整えていただいたこともあり、1泊二日の研修はとても実りのあるものとなりました。

    研修の内容はお経を唱えたり、滝行を行ったりと今まで経験したことのない事が多くありましたが、大きな声で丁寧なあいさつをする練習など、あえて練習する事がないような所作の練習も含まれており、自分自身の所作を見直す良い機会となりました。

    2日目の早朝よりお寺の内外を徹底的に清掃します。普段何気なく自分の身の回りの片付けなどをしていますが、このように自分の身の回り以外の場所を掃除することはほぼなく、新鮮な感じがいたしました。

    掃除は適当にやろうと思えばいくらでも手を抜くことができます。しかし、一生懸命掃除をすると見えなかった汚れを見つけることができたり、取れそうにない汚れも頑張れば除去できたりと、奥が深いものです。

    これは日々の仕事にも同じことがいえると思います。手を抜いてもそんなにも変わらないだろう仕事にも手を抜かず一生懸命取り組むという姿勢が大切だと教えられた気がします。

    最後になりましたが、このような機会を与えていただいた天光寺の皆様に心よりお礼を申し上げます。この度はありがとうございました。

    この度は弊社の新人研修をお引き受けくださり、深謝申し上げます。幹部候補ということもあり、社命で新人研修に同行いたしました。同行といっても新人と同じ修行メニューなのですが、自分では体力・精神力ともに自信があるほうでしたので、とくに不安は感じておりませんでした。

     

    しかし思いのほか厳しい修行内容で、まさに研修というより本格的な修行だと改めて気を引き締めました。自分では忍耐強いほうだと自負しており、少々無理をしてでも仕事をこなしていましたが、この度の修行で、今まで自分で自分の限界値を定めていたと思うようになりました。修行では挨拶の仕方から練習をしたのですが、今まで自分は本当に心をこめてお客様に挨拶をしていたのだろうかと、自問自答させられる内容でした。

     

    また私は体の不調時や仕事の繁忙期には、周囲の人間に対して不機嫌な態度を取ったり、内面のストレスが顔に出てしまったりすることがありました。しかしこれは自分の心の弱さの現れだと、住職の話を拝聴し思うようになりました。他にも色々と思い当たることがあり、今までの自分を顧みる良い機会となったと感じています。

     

    2泊3日の研修でありましたが、私にとっては大変意義のあるものとなりました。修行体験を通して、少しは変われたのではないかと思います。どんなときでも広い心をもって他人と接することのできる、器の広い人間になれるよう、今後も精進して参ります。

     

    また最後となりましたが、住職の手料理は季節の野菜がふんだんに使われており、大変美味しいものでした。スタッフの方たちにも世話になり、心よりお礼申し上げます。今後とも弊社の企業研修をよろしくお願いいたします

     

     

    私はこの研修を通して多くの事を学び、そして今まで生きてきた人生を、振り返ることが出来ました。誓いの言葉の中に「私は何事においても、積極的に生きます。」という言葉がありましたが、この言葉を聞いてとてもかんがえさせられる部分が多くありました。私は、自分が好きなことや遣りたいことなどは、積極的に参加していました。しかし、興味が無いことなどは適当にやってしまうことが多くありました。このようなことは、何事にも積極的に取り組めていないと思いました。

    特に、自分が嫌いなこと他人が遣りたがらないことなどを、積極的に取り組んでいけば人間力の向上につながっていくと思うので、これからは意識して行きたいと思います。

    研修での挨拶の練習を二時間以上行いましたが、挨拶だけを長時間挨拶練習するのは初めての経験でした。辛かったと同時に挨拶の重要性を、改めて知ることができました。私自身挨拶は、人並み以上に行って来たつもりでした。しかし、考えてみると私が今まで行って来た挨拶は、心が少ししかこもっておらず、いわば作業的なものになってしまっていました。

    挨拶で、第一印象が決まるということを良く聞きます。二時間の挨拶の練習をしたことは、こんなに大事なことなんだと分かりました。また、この二日間の研修期間で、だらけてしまっていた部分が引き締まることができました。

    研修での滝行などを行って得ることができたことを、これからの社会人人生に活かしていけるように、頑張って行きたいと思います。

    法話では、会社で働く人の40%が、会社に行かなくなってしまう予備軍だと聞きました。私がそうならない為には、強い精神力を持つことが大事だと感じました。最後に唱和した「誓いの言葉」の中には、これから生きていく上で大事なことが多く書いてありました。しかし、全てのことを一度に身に付けることはできません。すこしずつ自分が出来ることから順に身に付けて行きたいと思います。

    この二日間の研修をやってきたことを、絶対に無駄にしたくはありません。辛いことがあった時などは、今回教わった言葉を振り返っていきたいと思います。マイナス等ことは、極力考えず前向きなポジティブなことを考えることも重要だと分かりました。

    研修で知ることができたこと、学ぶことができたこと感じることができたことを、これからの人生に活かして行きたいと思います。思うに、滝行など一生に一度できるかどうかができて、本当に貴重な体験になり一生忘れない、思い出になりました。今回は、ご指導いただき本当にありがとうございます。

     

     

    この度は弊社の新入社員研修を、お受け頂き誠にありがとう御座いました。社会人になってちょうど二年目になり、仕事も多く任されるようになりましたが、今回新入社員と共に研修に参加させて頂き、心を新たにすことが出来るような気がしました。私はこれまで女性だからとか、長女だからと様々な理由で両親からも恩師や友人からも甘やかされて、育ってきました。

    何か失敗しても、笑って誤魔化して許されたように思います。それが社会人になり、一つ一つの仕事に責任を持つことを学び、それを守るようにどんな仕事にも全力で取り組んできましたが、この研修に参加すまでの数ヶ月間は、こなしてもこなしても仕事が終わらず、時には仕事を辞めたいなぁと思うこともありました。

    そんな中、参加した今回の研修ですが、特に私の心に残ったのは「マイナス」の言葉を吐き続ければ、それが塵溜めのように体内にインプットされ、魂を支配すると言う住職の言葉でした。仕事がいかに大変でも、マイナスの言葉を吐かない人は人から好かれ、自然とスムーズに仕事こなせるようになって行くということを思い出させたように思います。

    また、どうしても仕事に追われていると、友人や可愛い後輩に厳しい態度で、接してしまったりすることもある未熟な私ですが、今回の研修のことを契機に心機一転で、頑張って行こうと思うことが出来ました。

    新入社員と一緒に参加させて頂いた、お百度参り滝行ですが、最初は身体が辛くただただ早く終わりたいの一心でしたが、続けるうちにだんだんとその辛さが麻痺していき、邪念が無くなっていくのを感じました。

    普段の生活の中で、滝に打たれたりお百度参りを行うことは難しいですが、心が乱れたとき時や迷ったり怒りたくなったりした時にはすぐに言葉に出さず、一度心を無にして雑念や邪念を浄化できるように努めて行きたいと思います。

    今回の研修ですが、これから各職場で仕事を初める新入社員にとって、社会人として人間としての心構えを身につけさせる大変良い機会となりました、引率として来たはずの私自身も自分の未熟さや甘さを再確認させられ、今後の仕事への向き合い方を考えさせられる良い経験となりました。

    これから仕事で迷うことトラブルにぶつかることが有ったら、今回の経験を思い出し障害を乗り越える糧にしたいと思います。この度は貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました。

     

     

    私は、この天光寺での研修を行い、感じることが多く有りました。まず、このような「非日常」体験が今まで無かったので、新鮮でとても辛く感じました。今回、正座で座ることが多く慣れない正座は、辛かったです。さらに、目を閉じて何分間かの「瞑想」したり、「あー」と言い続けたり普段では絶対に遣らないことでした。

    その後「般若心経」を、約三時間かけて百回読みました。座ったまま同じお経を百回読むといったことは、自分が思っていた以上に辛かったです。さらに、挨拶の練習をしました。これは、二つの文章を一時間以上かけて、読むものでした。「般若心経」より短い文章でしたが、とても長く感じました。

    この天光寺研修の1日目は、自分の意識との戦いと思いました。自分の心の弱さが、良く分かったような気がしました。この天光寺では、食事の時に「南無大師遍照金剛」を3回、「光明真言」を3回、「般若心経」を1回唱えて、さらに「食前の言葉」を唱えてから食べるという決まりがありました。

    「食前の言葉」を言うことにより、いつも当たり前のように食べて残すこともある食事を、改め考え直すことができました。食事はご飯と味噌汁と野菜で、私が普段あまり食べない物が多かったですが、しっかりと食べました。その後は、「写経」を行いました。久しぶりの書道で上手く書けませんでした。小筆は難しく、頑張りました。

    二日目は、初日と違い身体を使う修行研修が多かったです。朝は6時に起き、2時間ほどかけて天光寺の清掃をしました。その後朝食では、お粥を食べました。その後、お百度参りを往復しながら「南無大師遍照金剛」を、唱えました。このお百度参りはその名前の通り、百回往復するものでしたが、辛くありませんでした。

    さらに、川行を行うため徒歩で川まで向かい、御身法を行い全員で川に入りました。外気や風も冷たく、外にいるだけでも寒かったのですが、川の水はもっと冷たく入った時、動けなくなりました。水の中で「南無大師遍照金剛」を連呼して唱え、終了しました。

    この二日間で非日常を体験し、心と身体を少しは鍛えられたと思います。集中するということや、我慢するということを身に付けられていればと思います。

    私は積極的になかなか行動できなくて、いままでチャンスを逃している気がしていました。これからは、いつ何が起こるか判らないから、消極的にはならないでチャンスを受け入れることの出来る、準備をしておこうと思いました。自分が今までやってきた悪いことを言うと、あまり怒りの感情は出さない方だと思っているのですが、たまに怒りの感情が出てしまい相手を傷つけてしまったことが有るので、これからは許し喜び愛していける心を持ちたいと思いました。

     

    私は今回会社の研修の一環で、天光寺にて修業をさせていただく機会を得ました。実際に現地に行って、修業をさせて頂く前の私のお寺修業のイメージは、非常に精神的にタフであるというものだったのですが、実際に滝に打たれたり、2時間半のお経を読んだり、三禮といわれる、現代でいうスクワットのような修業を経験させて頂いたときは、精神的にも体力的にも私の限界に達していました。

    しかし、これらの活動を自分一人だけではなく、同期の仲間と取り組んでいた時は、絶対に最後までやり遂げるんだという気持ちが、私の中に生れていました。日々の生活の中でも、親や友達の大切さを実感する場面は、多々ありますが、今回のお寺修業でも、改めてそのような気持ちを抱くことができました。今後はこの気持ちを大切にし、仕事やプライベートなど、実りある生活を送って行きたいと思います。

    先ほど今回のお寺修業が、体力的にも精神的にもハードであると言ったように、どれも私の限界に達するような修業でした。しかし、今回このような修業を経験させて頂いたおかげで、日々の生活で感じる悩みや不安、ストレスはどれも大したものではないと思える自信があります。

    また住職の高尾様に、自分の思考や意識の大切さを、改めて教えて頂き、プラス思考であることの大切さを学びました。今後仕事できつい事があった時にも、自分の思考や意識の違いで、その後に来る結果は変わって来ると思いますし、その時に自分の思考をプラスにして自分の成長につなげていくことが大切だと思うので、実際にこれからの生活で実行して行きたいと思います。また、自分を支えてくれた両親や友人を大切にしみんなにどって最高の人生が送れるようにしていけば、きっと明るい未来が待っていると思うので、まずは自分から変えていき、一歩一歩成長していきます。最後になりますが、今回は、貴重な機会をありがとうございました。
    ありがとうございました。

    今回の禅修業研修を通じて様々なことを学び、体で会得しました。我慢強い心折れない心、同期と助け合いながらだったからこそクリアできた修業、そして、そこから得た達成感など。

    そんな中、自分自身の考え方が大きく変わったことがあります。
    「自分自身の力はまだ、引き出しきれていない」ということです。そのことを一番感じることのできたのが「滝行」でした。初めは予想以上に小さく水の量も少なかったので「この位なら、楽勝」と皆でタカをくくっていました。

    しかし、実際に自分の番になり、足を水につけた時点で予想以上に冷たい事に驚き、ふるえが止まりませんでした。バケツで水をかぶり、皆の応援のもといざ、滝ツボに入ってみると、全く予想していない程の冷たさで、本気で死ぬんじゃないか、と感じました。恐らく二、三分経過した頃、指導員の方から「大丈夫ですか?」と言われた時、思わず、諦めの言葉を発しようとさえ考えました。しかし、応援してくれる仲間に背中を押され、「こんなので負けていられない!絶対にやり遂げる」と自分を鼓舞することで見事達成しました。水から出た時は、滝から出られた安心感と、やり遂げった達成感がありました。その時感じた事は、「自分は今までこんな辛い経験をしたことがなかった。でも、それを乗り越える力が自分にあった。もっと自分の力を引き出していきたい」ということでした。

    一泊二日の修行は自分にとって予想以上に辛く厳しいものでした。そんな辛い中でも気持ちで乗り越えられたことに自信を持ちました。この二日間で学んだ事を配属後、存分に自分の力を発揮していきたいと考えています。

    今回の修業で最も心に残っているのは「人生は自分が人生の主人公になるか、負け犬になるかどちらかだ。」という言葉です。これは住職の方がおっしゃっていただけでなく、経験した全ての修業において手を抜こうと覚えば抜けるが、苦しい中でも淸極的に修業を行うことによって得られた結果も大きかったことからも、入ることだと思います。

    修業の中でも少し手を抜いてしまった修業よりも自分を追い込んで頑張るできた滝行、三禮は苦しかった印象も強く残っており、その分、自らの精紳力、体を鍛えることができたと思います。ここに来るまで、私は「どちらか言うと自分よりも周りの人の目線や、反応を気にし、周りさえよければそれでいいという考え方でした。しかし、それでは人生の主人公になることはできないと思います。これからは周り周囲の人と調和をはかり、協力し合いながらも、自分が納得できる道を選び突き進むこと。そして、その道で努力を借しまず、頑張っていきたいと思っています。

    まだ、修業では自分が周りよりも精紳的に弱いことが分かりました。特に集中力がありません。長時間にわたる修業の際、途中で気が抜けてしまったり、うたた寝してしまいました。しかし、苦しいときにふんばることができたり、滝行では今までの人生で最も辛い7分間を過ごすことで精神的に強くなれたと思います。これから仕事でさらに厳しい状況に立つ事もあると思いますが、困難から逃げ出さず、立ち向かっていきます。

    私は今回会社の研修の一環で、天光寺にて修業をさせていただく機会を得ました。実際に現地に行って、修業をさせて頂く前の私のお寺修業のイメージは、非常に精神的にタフであるというものだったのですが、実際に滝に打たれたり、2時間半のお経を読んだり、三禮といわれる、現代でいうスクワットのような修業を経験させて頂いたときは、精神的にも体力的にも私の限界に達していました。

    しかし、これらの活動を自分一人だけではなく、同期の仲間と取り組んでいた時は、絶対に最後までやり遂げるんだという気持ちが、私の中に生れていました。日々の生活の中でも、親や友達の大切さを実感する場面は、多々ありますが、今回のお寺修業でも、改めてそのような気持ちを抱くことができました。今後はこの気持ちを大切にし、仕事やプライベートなど、実りある生活を送って行きたいと思います。

    先ほど今回のお寺修業が、体力的にも精神的にもハードであると言ったように、どれも私の限界に達するような修業でした。しかし、今回このような修業を経験させて頂いたおかげで、日々の生活で感じる悩みや不安、ストレスはどれも大したものではないと思える自信があります。

    また住職の高尾様に、自分の思考や意識の大切さを、改めて教えて頂き、プラス思考であることの大切さを学びました。今後仕事できつい事があった時にも、自分の思考や意識の違いで、その後に来る結果は変わって来ると思いますし、その時に自分の思考をプラスにして自分の成長につなげていくことが大切だと思うので、実際にこれからの生活で実行して行きたいと思います。また、自分を支えてくれた両親や友人を大切にしみんなにどって最高の人生が送れるようにしていけば、きっと明るい未来が待っていると思うので、まずは自分から変えていき、一歩一歩成長していきます。最後になりますが、今回は、貴重な機会をありがとうございました。
    ありがとうございました。

    今年から新たな試みとして初まった禅修行研修で来る前の心情として、周りの同期などを見ていると、「少し配属が延びた」「修学旅行みたい」など学生気分が抜け切れていない点が多々見られ、自分自身はと言うと、前に書いた気持ちもあり、「しんどそう」「なぜこの時期に会社に入ってまで修行をうけないといけないんだ」といった禅修行を行う意味や目的、意義というものを見出すことが出来なかった。

    しかし、いざ始まってみると同期の目の色が変わり、最初の全員の自己紹介で目が覚めたようだった。その後も、二時間半連続でお経を唱える、三禮、写経、滝行、お百度参りなど、これらが全て自分一人だったら、弱気、弱音、妥協、リタイアなど考えたかもしれません。ですが、周りの同期が支えあい、励ましあい、時には笑いを交じえて刺激し合えたことが一番よかったのではないかと感じた。  また、最後の住職さんの法話は心につきささった。自分自身は今まで少し無理だなと感じるとあきらめることが多々あった。この点は自分の悪い部分であると認識はしていたが、ピンときてなかった。だが、手に届かないところにリンゴがある場合どうする?という例えに、前までの自分ならあきらめていたと思うが、これからは、知恵を働かせて、自分の幸せは自分でつかみ取りに行くという人生一度きりという考えを常に持ち続けに行きたい。

    最後に、この研修を通じて、あきらめない心、成し遂げた後の達成感、同期全員の結束力が強くなったことが感じられた研修になった。関係者の方々本当にありがとうございました。