臼杵山 真言宗 天光寺

〒190-0204 東京都西多摩郡檜原村小沢4040-1
TEL:042-519-9380 FAX:042-519-9382
Email:info@tenkouji.jp

企業研修の感想文・体験談

  • この二日間を通じて私が感じた事、それは、まだ知らなかった弱い自分の心にであった事でした。私は、日常生活の中では、自分の物事に対してのにんたい強い方だと思っていましたが、以外にもささいな事で、つらいな、とか、いつ終るんだろうとか、本当にやるのか?のど、心の中の声を何度と聞く事が出来ました。普段の仕事や生活では、今回のような自分にとって、時に好まない事や自分が普段やろうとかやりたいと思わない事をしている時に、自分の中で聞こえてきた声になんだか、くらしくなりました。

    私は、仕事や会社でよく皆んなに対して、何事も前向きに行う、とか弱音をはかないようにしよう、とかぐちなどを言わずにやってみよう、などなど言っています。しかし、もしかすると、今回の私の中の心の声と、普段の皆んなの中になる心の声と、同じではないだろうか?といろいろ考えてしまいました。考えたというより、むしろ、気付かせてもらった、というた方が良いと思う。

    特に滝行については、私の人生にとって、重要な意味になる体験でした。あのたった数分間の間の時間の中だけでもいろいろな自分の気持ちや感情が感じられ、ここ数年間自分の中で感じた事のない、ひさしぶりの自分の弱気な気持ちと出会うことが出来て、ビビリの自分があらわれてにげてしまいたい気持ちがでてきて、くそー、まけてたまかーといういつもの自分もあらわれて、きっと私は、そんな弱い自分を見ないようにしてきたのかな?と、感じました。

    先程、皆んなの中の声・・・と書きましたが、皆が好きで行っている事、これならば、多少つらい事があろうと、なんなくチャレンジもするだろうし、いつ終るんだろうなんて思いもしない事なんだろう、私は、仕事におわれ、少しごんまんな気持ちになっていたのかも・・・と、自分を振帰りました。
    毎日のいそがしい時間の中で、ゆっくりと自分を見つめ直すことは、出来ないと思うので、私にとっては、非常に、良い時間となりましたし、気付きの二日間となりました。

    数日後に手術をする予定になっていた事もありまして、参加させて頂いたのですが、心の中にあった、弱い自分、すなわち、手術について恐いとおもっていた自分の本当の声を自確していましたが、今、現在、そのような、手術について、恐いという思いは、なくなったかのように思います。むしろ、強いでもなく、戦うでもなく、なんとも不思議なかんじで、平常心という感じです。住職に経を上bげていただいたことに心から感謝いたします。心から安心する事が出来ました。
    身の回りで起こる出来事に対しての考え方をもう一度よく感じてみたいと思います。

    そして今想うのは、一泊二日では、みじかいなぁーと思っています。この短期間で、これだけの事が感じられるのであれば私は、もう少し長い期間で参加したい気持ちが生まれました。出来れば、一週間くらいは、お世話になりないかな。一週間あれば滝行も、二度三度受けれるし、日に日に感じ取ることが違ってくるのではないかと思う。

    また、他の参加者との話も色々と自分にとっては、きちょうなお話でした。そして、皆のさん在が、以外に大きくてくるしい行の中でも、すごくたすけられたと思います。一緒にがんばっている仲間がいて、自分もその中でくじけそうになったり、たすけられたり、たすけたり、はげまされたり、はげましたり、と一人で何かするよりも心を強くがんばれたと思います。一人でがんばる力よりも、圧倒的に頑ばる力が強くなる。そして、達成感も大きくなると、今回実感することができました。

    この経験を社内にもいかしていくように、実践しようと思っています。そして、他の社員達にも、ここでしか体感できない経験を感じてほひいと思いました。これは、会社としても社員としても、個人としても非常に大切な経験になると思いますので、皆にも進めていこうと思います。

    そして、最後になりますが、天光寺の食事についてですが、本当においしくて、ビックリしました。寺で食べる料理ってどんなんだろう?と心配していましたが、思いの他、おいしいので、感動しました。しっそですが、全てが天然物で手作り、私にとっては、ぜいたくな料理に感じました。何から何まで、お世話なりまして、誠にありがとうございました。

    また、是非、天光寺に来て、修行をさせて頂きたいと思いますので、その時はまたよろしくお願いいたします。

    ありがとうございました。感謝いたします。

    初めて寺で会社に貢献するということで住職がやっていたようなことをやらしていただいた。
    来て早々、やっぱり普通の場所とは違い、驚いた。自分の中では、メンタルを強くするために滝にうたわたり負けないように生きるため、自分が強くなるために今日天光寺に来ました。最初はそういった内容だかわからず正直緊張しました。でも、自分は強くなるという目標があったので絶対逃げずにやり遂げると自分に誓った。

    そして、最初にやったのは、挨拶の作法だった。しっかりできなければ、やり直しと聞いていたので、一発で決めようと思っていたが無理だった。でも、しっかり教えてくださったので、今では、実壁にできるようになった。やはり、挨拶一つでお客様の信頼を得ることもそうだし気分よく来店してもらうために挨拶はかなり重要だということがわかった。

    そして、次に行ったのが、お百度参りで、こわは正直なんで百回もやるのが不思議でたまらなかった。だが、やってる最中に、これもけっこうしんどい作業だけど逃げずにやればそれなりに良い事があるとしんじていたので無事になんとかやりとげた。  そして、お百度参りが終った後は、一番の行事だと思われる滝行だ。滝は、生まれて一回浴びた。事はなく怖かったが少し楽しみでもあった。

    そして、車で少し行ったところで車から降り、歩く事10分ようやく滝のところに到着した。けっこうすずしくなっていて肌寒かった。そして、一人ずつ滝に入った。滝に当たりながら自分は将来何になりたいということを想像しながら入った。少し、気分が変わったように感じた。そして次は、三禮というものをやった。これはあなりハードだったので汗がすごかった。これは、相当自分のためになったと思う。身体的にはもちろん精神的にも強く慣れたと思うし、ないより、仕事仲間と一緒に乗り越えることができたことが一番の収穫だったと思う。

    これから先、かなりしんどいことがあると思うし、一人では解決できない問題があると思う。そのときは、今日、一緒にやってきた仲間と乗り越えていけると思うので心強い。そして、夕食の後は写経という習字のようなことをやった。これにより集中力を上げることができたと思うし、いい経験になった。

    そして、朝になり、清掃をした。今まで自分の作ったものに感謝を込めて清掃したことがなくこの でそれができたことがよかった。そして、このような気持ちで清掃をする清々しい気持ちつめらかなり良かったと思う。そして、朝食の後は声だしとめいそうを行った。今までのはんせいやざんげなども思い出してやりました。自分はけっこう周りの人間に迷惑をかけてきてしまっていたので両親に一番にあやまりたいと思っていました。

    そして、最後に住職の話を聞きました。元々、社長をやっていたがそれを辞めて住職になったときいて驚いた。それ程、何事も積極的に取り組んでいる人だなと思い積極性の大切さをしりました。今回学んだことでも大きく、とても自分のためになったのでこれからも今日学んだことを生かして頑張っていきたい。

    そして、何事にも必死取り組み、自分の興味があるもの知りたいことなどがあった。積極的に取り組み、そのことではつねに一番で誰にも負けずつねにいたいです。住職もおっしゃっていたとおり、今回の研修プログラムでは、社長は立派な社員になってほしいということでこのプログラムに参加させてくれたので、今回その結果はかなり大きな物を得たと思うので社長に感謝しつつ、今回関わって下さった皆様方に感謝してこれからも会社に貢献できるように努力していけたらいいなと思います。

    一泊二日という短い間でしたが本当にありがとうございました。
    お坊同志もみなさん仲良くしていただければもっと自分らも満足できました。最後に失礼ですが 労せをいただきました。

    今回、僕は、企業研修という形で、天光寺さんにこさせていただきました。実際、自分は、ここにくるまで、何をするのか聞かされていなかったので。不安ばかりでした。

    まず。挨拶の作法として自己紹介やお経の練習、腹式呼吸や発声の練習を行いました。普段してきた挨拶はまちがっていたことを知りおどろきました。うまくいくまで何度もやりなおしして、練習を終えました。

    お経の練習は、はじめての事だったので、一番てこずりました。どれもはじめて耳にする言葉ばかりでおぼえる事がとても難しかったです。腹式呼吸は、滝行でも使う呼吸で、これも大事な事だとおそわりました。発声法については、たんの発声をするのかと思ったら、ひたすら「あー」と発生するだけのシンプルなものでした。これならいがいと楽しいのかもと思いきや、しせいをたもちながらの発声はとても苦しいものでした。朝の挨拶、就寝の挨拶なそも練習をしておこたって、挨拶の作法を終えました。

    お昼をとって、一日目のはじめての行といえるお百度参りをおこないました。これもまた、自分ははじめてのけいけんで、無事にはしりきるかがとても不安でした。実際に迷ってみていがいと走れることを知りさいごまで走りきることができまあした。ただ、はだしで走っていたので、足のうらにまめができてしまい、つぶれてとてもいたい思いをしました。

    お百度参りを終えたあと、すぐさま滝行のほうへむかいました。今回のこの企業研修の一番のメインイベントであるこの滝行は、有名人などもくるとてもゆうめいな場所みたいで、かこにはタカトシも真冬に1分も滝にうたれたと聞いて、自分も10分くらいははいれそうだなて思っていたけど、実際は3分間はいっただけで、もうしてしまいました。外はあついくらいだったから、へいきだろうと思っていたが、これがあまりにもつめたくて真冬に入った人のことをかんがえたら、自分は無理だと思ってしまいました。それほど、滝につたれるというのはつらいことだがわかりました。

    滝行のあとは、おそらく今日、自分がいちばんつらかった行でした。それは、三禮という行で、かんたんにいってしまえば、すわって立ってを300回くりかえすというものでした。これは、いままででとてもくるしかったことの一つとして、おぼえてることになりました。

    そして、この日さいごの行は、写経というもので、般若心経をふでをつかい、書きうつすという作業でした。すみをするというところからはじめたので、とても時間がかかってしまい、ようやく書ききることができました。

    これで、一日目の企業研修がすべてぶじに終えることができました。一日してみてすでに体がいたくて、ねるのも大変でした。

    そしてむかえた2日目は、朝からみんなで寺の大掃除をおこないました。おふろからトイレまでまかされたので、おせわになったという気持ちをもってとりくみました。清掃がおわれば、1日目と同じ声出して瞑想をしてから、2日目のメインイベントの光明真言1000回というおそろしい行がまっていました。これもあぐらのたいせいでいどみましたが、一日目のつかれで、きんにくつうになっていてうまくくむことができずに、とてもくつうでした。けっきょく、1000回おわるまでに、1時30分ころまで、かかってしまい、おおはばにおくれてしましました。

    今回の企業研修をふじに終えることができて、ほんとうによかったと思っています。埼玉にかえっても、こんかい体験した事をいかしてなにごとにもとりくんでいきたいと思っています。

    天光寺での二日間の研修を通して様々な事を学ぶことが出来ました。

    一日目の「自己紹介の練習」では第一印象や礼の大切さを知ることが出来ました。普段のより頭を下げる深さ、スピードを遅くする事で印象が大きく変化したので今後取り入れたいと思いました。

    「光明真言の読経」では、光明真言を三時間かけて千回唱えるというメニューでした。心を無にして光明真言を唱えることで、時間の感覚や邪念がなくなり、千回終わった時の達成感は素晴らしいものでした。

    「三禮」ではお経を唱えながらスクワットをするというもので、身体的にも精神的にも辛いものでした。三回一セットを百セット行ったのですが、動きながら声を出すことが大変で苦労しました。途中何度も足が止まりましたが、他の二人が居たからこそ最後までやりきることが出来ました。今回、何度か足が止まってしまい、三百回全てやりきることが出来なかったのですが、自分の甘さや弱さにを見るよい機会になったと思いました。

    「写経」では、心を落ち着かせて、自分で墨をすり、「般若心経」を書くというものでした。見本をなぞる作業だったのですが、雑念が入り心が乱れると、うまく書くことが出来ず、字に表れるということを体感することができました。

    「挨拶の練習」では、大きな声ではきはきと挨拶をするメニューでした。自分は普段から挨拶の声が小さいと言われて来たので、それを少しでも直せる良い機会だと思い、真剣に行いました。この練習は一時間程度でしたが、腹から声を出す大切さなどを学ぶことが出来ました。

    二日目の「声出し・瞑想」では、声出しは、腹から声を出す練習の一つで自分がこの一つで自分がこの研修で得たい事の一つでした。「あー」と、十分声を出し続けることで研修を受ける前よりは腹から声を出せるようになったと、じっかんしています。

    瞑想では、「ああすれば良かった」等の後悔を振り返ると言うもので、後悔することが多く、後悔しないように積極的に行動できるようになろうと、再認識できる良い機会となりました。
    「般若心経の読経」では般若心経を百回唱えると言うメニューでした。般若心経は「光明真言の読経」や「三禮」で唱えたものより長く一回唱えるのに二分かかるものでした。これを三時間通して行ったのですが、前日でも「光明真言の読経」をしていたので、それほど苦ではないものでした。

    最後のメニューの「法話」では高尾住職自らが、「仏教とは何か?」「考え方のあり方」などを教えて下さるものでした。マイナスな事を言うと自分の鼓膜を通して潜在意識「無意識」に影響すると聞いて自分もマイナスな事を言う事が最近多く、それが失敗に繋がった事があったので共感できました。高尾住職の言葉を聞いて、自分の間違っていた考え方、行動などを見直すことができました。

    二日間の研修を通して、多くの事を体験し、学ぶことができました。そして、自分と向き合う事ができたと思います。自分に欠けていた「声」「プラスに考える事」「積極性」を再認識し、変えていこうと思う良い機会でした。

    1泊2日という短い期間でしたが、様々な面で勉強になりました。初日の挨拶の作法から、直すべき点が多くありました。声の出し方やお辞儀の作法など細かく御指摘いただき、改めてしっかりとした挨拶が出来る事は社会人として重要だと感じました。

    研修には実際に自分の身体を使いながら、お経を唱えるのを三百回連続で行うものがありましたが、とても体力的に苦しい修行でしたが、他の二人と協力しながら何とか終える事が出来ました。
    始めは予想以上に身体を動かしながらお経を唱えるのは三人でバラバラになったりしたので、何回もやり直しましたが、三百回連続で他の二人と合わせられた事で協力や協調といったものがさらに深まったと思います。
    お経については、御宝号と光明真言・般若心経について教えて頂きました。
    特に光明真言は千回連続で唱え、般若心経は百回連続で唱えました。
    千回連続だととても長く感じるのかと思っていましたが、唱えているうちに段々と心が無になっていき、雑念がなくなる事で時間がとても早く経過したように感じました。 お経というのは、普段の生活ではなかなか勉強する機会が無いので、勉強になりました。

    写経では、般若心経を写経しました。
    水を硯に入れ墨をすり、一から墨を作り写経の準備をして、私語をせず一文字一文字を丁寧に書く事で、自然とリラックスした無の状態に近づけました。
    普段の日常では、文字を丁寧に書くことを忘れたり、パソコンや携帯電話などで文章を書いたりする機会が多くなっていますが、時にはこうして自分で書く字を大切にしたいと感じました。

    2日目は、朝の掃除を他の修行に来られてる方たちとも協力して二時間かけて行いました。 部屋はもちろん、使った寝具、風呂場や玄関など全ての場所の掃除から始まりました。 使った物は自分達で掃除、整頓する。普段は1人暮らしなので、こういった掃除や整理整頓の事を忘れがちですが、改めてこういう基本的な事が大事だなと感じました。

    研修の最後に、住職から法話をして頂きました。
    仏教ついてや自分の人生をきちんと生きるために必要な事。日常生活や社会での中で成功するための考え方など、大変有り難い法話をして頂きました。

    今回の研修を通して学んだ事は、当たり前の事こそ大切に行いきちんと出来ていなければ1人の人間としてダメだなと感じました。
    特に今回は会社にお金を出して頂いて勉強できる機会だったので、2日間を通して『会社に貢献するには』と『一人の社会人として必要な事』について考えていました。
    今回学んだ事を今後の会社での行動で表し、また一人の社会人として成功出来る様に努力いたします。

    改めて今回はこのような機会を作って頂き、誠に有難うございました。
    今すぐに全てを変えるのは無理ですが、日々進歩出来るように努力いたします。

    正直天光寺へ向かっている時、厳しいことがたくさんあるだろうと思い、少し気持ちが弱くなっていました。初日から予想以上に厳しい行があり、体力的にとても疲れてしまい、二日目以降は更にからだがボロボロになるような思いでした。しかし、行を重ねるごとに気分がよくなっていき、心がスッキリしていくのが分かりました。長く厳しい行を一つ終えるごとに、とても達成感を持てました。

    特に川行の前のお百度参りは二回とも気が遠くなる程長い行でしたが、お百度参りの後の川行、滝行は自分でもビックリする程に思い切りがついて挑めたと思い、とてもスッキリしました。
    長時間お経を唱えている際は、読みながら気持ちのどこかでいつまで続くのか考えている部分もありましたが、教えて頂いた、自分を浄化するということから、気合いを入れて一生懸命に取り組めました。また、行の中で今までの人生で自分で作ってきた壁を壊していくという事を教えて頂き、厳しい行を終えたことで幾つもの壁を壊すことが出来たと思います。

    一日の行を終え、夕食の時などにスタッフの方の話がとても面白かったのも心に残ります。行の間なども含め、本当に色々とありがとうございました。

    三日間の行を終え、明日からまた日常が始まります。今まで持っていた仕事への取り組み方をもっと良い方へ替えていけると思います。今まで自分ではクリア出来ないと思い込んでいた事なども、もう一度よく考え、仕事仲間や上司に相談し、色々な事を乗り越え、また、新しく何か会社の為になる事はないか常に考えていきたいです。

    日頃お付き合いして頂いているお客様や、これから新しく付き合いを頂くお客様にも、いつも感謝の気持ちを持ち、また、製造業の営業の人間として、色々な知識をもっと身に付けていき、多くの仕事を取れる様に活動していきたいと思います。社内でも現場の人などとも、日ごとコミュニケーションを持ち、時には無理を聞いて頂いたり、加工についての相談や、自分の担当している材料についての意見なども、もっと聞きたいと思います。 これからも会社が成長していく為に、貢献出来る人材になる為に、日々人との付き合いや人から教えて頂く事、話の中から得る事に気を付け、自分自身が会社の他の人の為になりたいと思います。

    この先、まだまだこの会社で働かせて頂く為に、もっと自分自身を高め、社内の人やお客様から愛され、頼りにされる人間にならなければ、ならないと思います。今回の修行で手に入れた自信と、達成する気持ちを活かし、自分で思う以上の人間へと成長していきたいと思います。

    また日頃、心の支えになってくれている家族に改めて感謝し、子供達には、立派な大人になって貰う様、色々な事を教え、体験させてあげたいと思います。

    いつも苦労をかけている妻にも、なかなか幸せとは言って貰えませんが、お互いが幸せと思える様に過ごして行きたいと思います。また、親、兄弟、親戚にも色々助けて頂いておりますので、これからも少しずつ恩返しをしていきたいと思います。

    日ごと楽しい時間を過ごせる、古い付き合いの友達と今後も楽しくやっていける様に、自分自身に言い聞かせます。